似顔絵


墨を使って、お絵かきをしました
この日のテーマは「似顔絵」。

103359.jpg
タシが覗き込むようにしているのは
子ども同士が、お互いの顔を描きあっているからです。
タシは、ツェデンの顔を描いています。

103447-1.jpg
こちらはタチェンを描くチミ。

103455.jpg
そしてタチェンはチミを描いてます。

131035.jpg
出来上がった似顔絵はこちら。
最後は仕上げに、半紙に描きました。

似てるかな?
スポンサーサイト

日本映画祭


毎年カトマンズで行われている日本映画祭、
今年はクンデ・ハウスの6年生を連れて行ってきました。

20170211_104825.jpg

子ども達は少し日本語がわかるので
映画はとても楽しかった様子です!

この日上映された3本の映画は、
1、オールウェイズ三丁目の夕日
2、ウォーターボーイズ
3、ハッピーフライト
です。

20170211_105900.jpg
男子は、ウォーターボーイズがとても楽しかったそうです。

オールウェイズ三丁目の夕日を見て
子ども達のうち、何人かは泣いてました。
心打たれる映画だったようです。

クンデ・ハウスでも映画館のマネをして
入場券とお菓子を準備して、ビデオを上映したりしますが
やはり大画面、大音響で見る映画は迫力が違いますね。
楽しい体験をありがとうございました。

プレハブの建設


政府の認可を得て運営しているTCPは
毎年、その運営状況がどのようなものであるか
立ち入り検査を受けます。

ここ数年この監査で、
「男女の寝室を分棟にするように」
との指摘を受けてきました。

しかし、これ以上広い建物に引越しをするのは物理的に難しく
簡易な建物を敷地内に建て
そちらに男子の寝室を移すことで対応しようと
2年前から様々な方法を検討してきました。

プレハブの見学に行っては見積りを取って来ましたが
思っていたよりも建設費が高くて
おまけに地震の後は、簡易な建物の需要が高くなってしまって
売り手市場の様でした。

しかし今年に入って、
これまでのすべての条件をクリアーするプレハブと出会い
建設を進める事にしました。

114453.jpg

ガーデンの一部にプレハブの基礎を作りました。
172451.jpg

工事が始まると、あっと言う間に
どんどん工程が進んで行きます。
完成まで、今しばらく。
また状況をお知らせしますね。

イチゴ狩り


毎年定期的にご訪問下さる会員様が
今年もお忙しいご予定をやりくりして
ネパールをご訪問下さいました。

出発前のご予定が、あまりにハードだったため
ちょっと体調不良のご様子でしたが
子ども達を連れて買い出しに行って下さったり
カカニにイチゴ狩りに連れて行って下さったりしました。

カカニへの道は、出発前の数日の雨でコンディションが悪く
また途中に色々と工事区間もあって
なかなかの悪路です。
当日は晴れて、遠足日和、
ヒマラヤが綺麗に見えました。

何はともあれ、イチゴ!!
110922.jpg

美味しいです♪
110501.jpg

笑顔がもれてしまいます♪
110519.jpg

残念ながら少しだけ時期が早くて
イチゴは青い部分が多めで、まだ収穫量が少なかったです。
でもやっぱり新鮮な果物は、本当に美味しいです!

111438.jpg
もぎたてイチゴの美味しさに
アムチも思わずこんな笑顔がもれちゃいます。

DSCN0754.jpg
みんなでお出掛けして
楽しい一日になりました。
ありがとうございました!

クンデハーバルクリニック


アムチの診療所の正式な名前は
「クンデハーバルクリニック」と言います。

診療所で、薬の原料を袋詰めするアムチ。
095810.jpg
後ろの棚は、薬草を粉末にした薬の原料です。
常時、100種類以上あります。

脈診の診断に合わせて、
これらの原料をその場でブレンドします。
よく使うブレンドは、既に配合済のものもあります。

同じ症状に対して処方するにしても
その場で、その人の体質に合わせて
微調整して調合をするので
つまりは全てオーダーメイド。
考えてみれば、とても贅沢な事ですよね。

開院当時、患者様は100%チベット人でしたが
今ではチベット人とネパール人の割合が半々です。
ネパールの方々の間にも、
その診断の正確さと治療の有効性が
確実に浸透してきているのを感じます。

ネパール大震災の後
ラスワに医療支援に行かせて頂いたご縁で
その後もラスワの方がカトマンズにいらっしゃる際に診察を受けに来られ、
お越しになれない方々の分もチベット薬を持ち帰られます。

医療支援後、村の方々から
「仮設の診療所を準備するので、ひと月に数日で良いので診療に来てもらえないか」
と熱心にご依頼を頂いているのですが
TCPには車が無く
医薬品の準備や運搬などの自己負担を考えると
安易にお引き受けできない状況です。

地震以前からも山間部にはニセ医者の巡回診療詐欺が多く
医療知識が無いのに勝手な検査や投薬を行い、
巨額の費用を請求されて騙されてきた村人たちにとって、
しっかりと話を聞いて診療に当たり症状を改善させるアムチは
心身共に健康を管理してくれる心強い存在の様です。
今後もまずは診療所の安定した運営を軸としながら
山間部の支援について出来る事があれば
ご協力させて頂きたいと考えています。


095543.jpg
調べ物をするアムチ。

…でも実を言うと、これ
「運営報告書用の写真を撮るよ!」と言うと
いそいそとジャケットを羽織っていたので
ちょっとだけやらせ写真です。

常に黒いTシャツと黒のジーンズ姿。
ジョブズ並みのノームコアスタイルです。
もちろん、服装にお金を掛けられないという事情もありますが
それでも結構、ジーンズ選びにはこだわっています。
そんな姿に、カンパの粋を垣間見ます。

本日も早朝より診療所で診察し
午後は薬草の精製を行うアムチです。

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム | 次ページ