カルマとノルゲ


最近入居した小さな小さな子ども達。
カルマとノルゲ。
070531.jpg
現在は幼稚園に通っています。
生活にもすっかり慣れた様子。

クンデ・ハウスのみんなの前で
歌を披露してくれました。
2人で歌う

カルマが推定3歳
ノルゲが推定4歳との事ですが…
かなり体格には違いがあります。
カルマ1
こうして見るとカルマは本当にまだまだ小さいですね…。

カルマ2
よく食べます。

ノルゲもまだまだ小さいのですが
カルマといるとお兄さんに見えます。
落ち着いた態度も、兄の風格。
ノルゲ1

でもご飯やおやつを食べる感じは
まだまだ子ども。
ノルゲ2

小さな二人は
クンデ・ハウスの先輩たちが
あれこれと世話をしてくれます。
カルマ3
子ども達は、自分の経験を重ねあわせているのか
新しいメンバーにはいつも親切に、
そして親身にお世話をしてくれるので
スタッフはとても助かります。
スポンサーサイト

ダワの仕事


最年長のダワは今年の春
中学を卒業し、ネパールで職を得ました。

日本人の方が責任者をされているフェルト工場に勤務しています。
仕事場が遠いので、通勤が大変そうですが
そんな事も気にならないくらい、仕事は楽しい様子。

205455_20180612100420e46.jpg

職場での作業の他、家に持ち帰っての内職は
別途、出来高で工賃が頂けるので
ダワはほぼ毎日、家でも作業しています。

他の子達も、ダワの作業に興味深々。

外での仕事に加えて、TCPでの雑用なども担当してくれています。
今後もしばらくクンデ・ハウスで一緒に暮らして行く予定です。

しばらく…と言いつつ、やっぱり女の子の一人暮らしは
ネパールでは現実的ではないと考えています。
スタッフを始め、子ども達にとっても
お姉さんが家を出るなんて事は想像もできないので
必要なタイミングが来るまでは
一緒に暮らしていけたらと考えています。

試験週間


日曜日から学校の試験が始まっています。
家で試験勉強中の子ども達。

213025.jpg

英語で結構難しい内容を勉強していて驚きます。
クンデ・ハウスに来た頃は
教育も受けていなかったし、もちろん文字の読み書きは出来ませんでした。

クンデ・ハウスに入居以前は
紙と鉛筆やペンも使った事が無い様子で…。

それが10年すると、チベット語はもちろん
英語、ネパール語、日本語を読み書きするようになるのですから
本当にその進歩に驚きです。

213030.jpg

そしてこうして長らく子ども達を支えて下さる
サポーターの皆様に、感謝でいっぱいです。

いつもご支援くださり、本当にありがとうございます。

種ダンゴ


UPし忘れた写真があったので上げておきますね。
5月の作業風景、
開墾した庭への種まきの準備の様子です。
種を水で柔らかくした土包んで、お団子にしています。

received_2022982231255771.jpg

和気あいあいとした作業風景です。

received_2022982097922451.jpg

このお団子を土の上に置いて行きます。
たくさんの恵みが収穫できます様に。

番犬モモ


仔犬の成長って早いですね…。

最初にモモをご紹介したのは
今年の1月のブログでしたが
今はこんなに大きくなっています。

082350.jpg

イチ、リュウとは違って
かなり気性が荒いモモ。
番犬向きな性格だと思います。

その性格のせいか、色々と噛み癖があって
まだ完全に放し飼いには出来ないでいます。

お香作り


子ども達が、アムチを手伝ってお香作りをしています。

134647.jpg

とは言っても、実際はもう
全ての手順が、アムチが居なくても
出来るぐらいに熟達しているので
子ども達だけでどんどん作業を進める事が出来ます。

135525.jpg

練りたてのお香は柔らかくて
絞り出し機にかけたお香を
こうして1本づつ丁寧に並べて乾燥させます。

新しい仲間


この度、クンデ・ハウスに新しいメンバーを迎えました。
男児2名です。


・カルマ・ツェリン(推定3歳)
カルマ・ツェリン
最近、母親を失って孤児になったばかりです。
とても賢く穏やかです。
年齢が最年少の子どもになるため、
他の子ども達からあれこれと世話を焼かれています。


・ノルゲ・ツェリン(推定4歳)
ノルゲ・ツェリン
両親とは死別し、
ご縁あってクンデ・ハウスに入居する事になりました。
自分を持っているしっかりした子どもです。
カルマよりも少し早く入居しました。
クンデ・ハウスでの生活にも慣れた様子です。

以上2名です。
年齢が小さいですが、かえってその分
先入観なく、クンデ・ハウスに馴染んでいます。
上の子ども達があれこれとお世話をしてくれるので
本当に助かります。

クンデ・ハウスの子ども達の通う学校は、
通常年度の初めにしか入学を許されませんが、
2人は年齢が小さいため学校ではなく
プレイグループへ申請し許可が下り
学校(幼稚園)へも通っています。

新しいメンバー2名を迎えて
また少し賑やかになりそうです。

サカダワ


5月29日はサカダワでした。

サカ・ダワとは、
チベット歴の4月のことで
この月の15日(満月の日)は
お釈迦様が生誕し、成道され、涅槃された日とされており
仏教徒にとっては、とりわけ重要な日です。

またこのサカダワ月に行った善行は
通常の何倍ものご利益が
もたらされると言われています。
そのため、チベット人は肉食を絶ち
いつにも増して熱心に、お経や寄付などに励みます。

このサカダワの満月の前日
ネパールのチベット人たちは、夜を徹して
ボダナートやスワヤンブナートの仏塔の周りを
コルラします。

ちびっこ達は家でお留守番をし
年齢の大きな子ども達は
アムチと一緒にコルラに出掛けました。
mmexport1527520360725.jpg
コルラの途中で、灯明をお供えします。

mmexport1527521600311.jpg
コルラの途中には、休憩所があり
食事や飲み物がこの日は無料!
すべて信者さん達の寄進で賄われています。

子ども達も有難く、夕飯を頂きました。

mmexport1527520367289.jpg
さすがにだんだんお疲れの様子…。
1周1時間弱掛るコルラを、何と5週もして帰って来ました!!

みんなそれぞれに、
「生けるもの全ての幸福」を一心に願って
コルラしたそう。
スタッフが何も言わなくても
何故コルラをするのか、子ども達もよく理解しています。

そしてこうして平和に無事にコルラが出来る事が
本当はどれほど貴重でありがたい事なのか
年齢が大きくなるとともに、かみしめている様です。

コルラを出来ない程、困難な状況にある人達の分まで
心を集中させて歩きました。

またこうして無事に
サカダワのコルラが出来て
本当に有難いです。

アムチの診察


ここのところ、体調が優れず
学校を休んでいるクンサン。

大好きな学校に行けなくて
とてもつまらなそう…。

アムチに脈診をしてもらっています。
134616-1.jpg

もともとやせ気味で、虚弱なタイプ。
体調不良で食が進まず、心配です。

子どもクリニックにも行くのですが
特にこれと言った原因もないみたいなのです。

早く調子が良くなるといいなと思っています。

里親さんのご訪問


5月は2組里親さんが、
クンデ・ハウスをご訪問下さいました。

205509.jpg

日本からだと直行便が無く
必ずどこかの国でのトランジットを経ないと
来ることのできないネパールなのに
こうして子ども達に会いに来て下さる事に感謝です。

ドラえもんの漫画で知っているどら焼きは
みんなの憧れであり、大好きなお菓子です。
今回、お土産としてお持ち下さったので
みんなで大切に頂きました。

里親さんとの時間は、子ども達にとって
かけがえの無い時間です。

遠くまでお運びくださって
本当にありがとうございます。

マンゴーの季節


ネパールにマンゴーの季節がやって来ました。
received_1564416750347078.jpg
熟れたマンゴーを
1人1つづつ頂きました。

received_1564415813680505.jpg
ネパール式の食べ方?は
皮を剥かずに中を吸い出します。

received_1564416587013761-1.jpg
種の周りは繊維質で食べにくいのですが
それでも美味しくて丁寧に食べてしまう
季節のマンゴーです。

PAMでの柔道練習


男子は毎日3人づつ
PAMでの柔道練習に参加させて頂いています。

真剣な面持ちで、先生のお話を聞くラクパ。
手前から4番目がラクパです。
170536.jpg

何と現在、先生は脚を骨折されていて
松葉づえなのですが、熱心にご指導くださっています。
170233.jpg

道場は決して広くありませんが
限られた広さの中で
みんなが真剣に練習に励みます。
171244.jpg

こちらはタチェン。
172711_20180521113353d75.jpg

こちらはタシ。
タシは先生に「なかなか柔道のセンスがある!」と
褒めて頂いています。
72848.jpg

こちらはラクパ。
なかなか様になっているのでは?
173518.jpg

ここでは3歳くらいの小さな子達も
練習に参加したり見学しています。

道場に通うと、生活にメリハリが出ていいですね!
武道館までは遠くて、送迎が大変でしたが
PAMは歩いてゆく事が出来るので
このご縁は、本当にありがたいです。

親のいないクンデ・ハウスの子達と
親はいても一緒に暮らすことが出来ないPAMの子達。
色々と境遇の面では厳しい立場ではありますが
こうして一生懸命に打ち込むものがあり
共に高め合える友達がいる事が
本当にありがたいです。

ボードゲーム


清掃の終わったリビングで
アムチとボードゲームをする男子達。

160921.jpg

ゲームって性格が出ますよね(笑)。

次の手を読まれない様に
ポーカーフェイスじゃなきゃいけない…とか
視線の先がどこにあるかも見られている…とか
子ども達は、ゲームに関して
着実に経験値を上げています。

アムチが子どもレベルのはしゃぎっぷりの事もあり
見ている方も楽しいです。

庭で野菜作り


庭の空いたスペースを耕して
野菜の種まきをしました。

170100.jpg
除草→土おこし→種まき の手順です。

ふんわりと柔らかくした土を
大きいボールに取り
さらに空気を含ませ、種を混ぜ込んで
その土を、地面に置いて行きます。

163936.jpg
こちらは木を切るヌモとカンド。
建物ギリギリに生えている木の
成長してきた部分をカット中。

様々な果物や野菜の豊かな恵み…
こんなに身近に接する事が出来るなんて
本当にありがたい事です。


クンデ・ハウスに入居した時
全く野菜が食べられなかったクンサン。
庭や畑で野菜を自分達で作るようになってからは
普通に食べられるようになりました。

なぜ作物を自分で作ると
野菜嫌いが治るのか分かりませんが
不思議と自然に食べられるようになりました。

清掃の時間


室内の清掃時間。

階段の掃除をしてくれるタシ。
065344_201805161208512a7.jpg

自分の持ち場の掃除が終わったチュインが
横で見守っています。

家事当番(掃除、洗濯、食器洗い)は
自分達でローテーション表をつくり
月末に当番を確認し合う子ども達。

自分の事は自分でやるのが当然と思っているので
どの子も家事能力が高くて
ご見学にいらっしゃるサポーターさんに
驚かれる事が多いです。

数学


先週から数学クラブに入ったイシ。

実際は、数学はイシにとって
一番好きな学科ではないのですが
学校の先生に頼まれて入ったのだそう。

205543.jpg

きっとイシの真面目さが
他の生徒の良い刺激になると考えて
お誘いくださったのだと推察しています。

211657.jpg
部屋の壁には、
色々な公式が貼り出してあります。

一番下の九九は
数学好きのラクパのために作った表です。

スマホ


ゴンパで頂いたお下がりの
お供え物のリンゴをおやつに頂きながら
アムチのスマホを見ている子ども達。

183952.jpg
スマホで見つけた動画や音楽をまねて
とてもきれいに英語を発音する様子などを見ていいると
スタッフ達が育ってきた時代との差を
ひしひしと感じます。

こうして瞬時に世界の色々な事にアクセスできて
動画で見られるなんて、本当に凄い事です。

通信環境と器機さえ準備できれば
後は努力次第で、あらゆることも勉強できたりします。
本当に画期的な時代だと思います。

これらのツールが、経済的な格差を超えて
世界のたくさんの子ども達のチャンスに
つながるようにと願っています。

ナマズも大きくなりました


池を覗きこんでいる、ちびっこチーム。

何をしているのかと言うと…
122058.jpg

池の掃除。
122152.jpg

長い網で、池に落ちた枯葉をすくい上げます。

仔魚から育てたナマズも順調に大きくなって
今、一番大きいサイズのものは15㎝。
調べてみると、ナマズは最大で60㎝くらいまで育つのだそう。
まだまだ大きくなりそうですね。

モモ


番犬モモ。

電気系のコードを噛む癖が治らず
なかなか放し飼いに出来ないでいます。

122239.jpg
何故か横座り。

太陽も風も、気持ちのいい屋外です。

屋根の修理


5月に入り、ここ数日
カトマンズの雨量はとても多くて
プレハブの雨漏りが始まってます…。

120357.jpg
ネパール在住の日本人の方に手伝って頂いて
屋根の修理をしました。

121827.jpg
男子達も屋根へ。
手伝ってくれています。

120410.jpg
雨漏りの原因は、概して複雑な事が多くて
なかなか簡単には直らないものです…。

また次の大雨で、様子を見たいと思います。

こうして在住者の日本人の方々にも助けて頂いて
本当にありがたい事です。

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム | 次ページ