雨の日の登校


雨季に入ったネパール。
まとたっま雨も降って、お百姓さんたちは嬉しそうですが
湿度が高く、蒸し暑い日々です。

雨の日の登校は、カッパを着ます。
登校前2
以前、サポーターさんから頂いた
お気に入りの雨具。

こちらは、男子チーム。
登校前3

通学路の多くが、舗装されていないので
雨が降ると足元がぬかるんで
それが一番大変な、雨の日の通学です。
登校前4

行ってらっしゃ~い♪
スポンサーサイト

ありがとうございました


これまでにも、NYからメールにて
TCPの活動に関して、お問い合わせを頂いておりました
「ゆるLOHA」代表の桜本様。

現在、日本に一時帰国されていて
昨日、はじめてお目にかかりました。

「ゆるLOHA」さんの活動ブログはこちらです。
じつに興味深い勉強会や、実習などの活動をなさっています。
でも、どれも押し付ける感じが無くて
「こんなんありますけど、いいかもしれませんよね~」的な
ゆる~く無理のない感じが「ゆるLOHA」さんなのだと
理解しました。

そんな「ゆるLOHA」さんは、毎年
ガレージセールを開催し、その売り上げを
社会福祉団体に寄付されています。
「チベット子供難民支援チャリティーガレージセール」の様子

この度は、その支援先として
TCPをお選びいただきました。
ただ、たくさんの方々の善意のお届け先を
しっかりと見届ける義務があるということで
昨日、桜本さんとTCPの面談?を行ったのでした。
この事からもお分かりいただけるように
とても責任感の強い桜本さんなのです。

無事に面談にはパスいたしまして^^
ご寄付を頂戴いたしました。
ありがとうございました。

また、桜本さんご本人からは
こんなに素敵なプレゼントも頂きました。
DSCN4002.jpg
絵本40冊!!

藤田理麻さんの「ワンダートーク」
DSCN4006.jpg
チベットの昔話が綴られています。


同じく、藤田理麻さんの「ワンダーガーデン」
DSCN4007.jpg
ダライ・ラマ法王の実話です。
法王様ご自身が序文を添えられています!
チベット支援者として有名なロバート・サーマン教授も
序文を書かれています。


それぞれ
チベット語、日本語、英語の3ヶ国語で書かれ
藤田さんの魅力的な挿絵が添えられた本です。

中には
DSCN4005.jpg
著者のサイン本も!

絵本大好きなクンデ・ハウスの子ども達
これは本当に素敵なプレゼントです!!
特に、3ヶ国語のどれも学習している子ども達にとって
とてもよい刺激になると思います。
ありがとうございます!!

ご寄付くださった桜本さん。
DSCN3999.jpg
40冊、16Kgもの荷物を
NYから、お持ちくださったのです!!

メールのやり取りでは
どうしても情報の量が、限られてしまいますが
直接お話させて頂いて、
桜本さんの女性的でやわらかい物腰や
それでありながらまっすぐな信念や
注意深く言葉を選んでお話される、誠意に満ちた態度に
すっかり魅了された石川でした。

素敵なご縁を頂いて、感謝です。
ありがとうございました。

ゴムの木


新しく引越しをしたTCPの敷地は広く
そこには、とても大きなゴムの木が植わっています。

そのゴムの木に
アパーがタイヤで、
こんな素敵なものを、作ってくれました。
大きな木4
運動神経抜群のペマ。
さっそくトライ。


大きな木2
子ども達、夢中で遊んでいます。


大きな木3
女の子には、こちらのブランコ。
でも位置がちょっと高すぎて
乗るのが難しいみたい…。

大きな葉陰で、
タイヤや、ブランコで遊んだり
おままごとをしたりというのが
最近、クンデ・ハウスで流行っています。

カボチャの葉


TCPの畑のカボチャたち、とても大きく育っています。
かぼちゃの葉2

ある方から、カボチャの葉っぱが、実はとても美味しと聞いて
試しに食してみると…

いやー、びっくり!!
ほのかにトウモロコシのような甘みがあって
とっても美味しいのです。

葉っぱだけではなくて
茎も、とても美味しいです。

葉っぱの表面のトゲトゲも
茹でると全く気にならないほど柔らかくなって
子ども達、大喜びで食べました。
かぼちゃの葉3

でも、可哀想なのはカボチャ。
美味しさのあまり、
アマーがほとんど葉っぱを摘んでしまって
丸裸になってしまったのです!
かぼちゃの葉1

小さく実り始めていたカボチャの実が
日よけの葉っぱを失って
干からびてきています(苦笑)。

早くまたいっぱい、葉っぱを茂らせてね。

プラム


小川先生がご自宅で収穫された新鮮なプラムを
ご主人と一緒に、車で
クンデ・ハウスに、届けてくださいました。

美味しいプラムをバケツに3杯と
手作りのプラムジャムを4瓶。
プラム1


子ども達、大喜びです♪
プラム2
皆あっという間に、平らげてしましました。


いつも美味しい果物を
ありがとうございます!!

家庭教師


サカダワのお休みのあいだ
家庭教師の先生をお願いして
毎日午後3時から1時間
授業をお願いしました。
家庭教師2


お越しいただいたのは、
以前にもお世話になった、ラティカ先生。
現役の先生なので、ビシビシ厳しい指導です。

家庭教師1

みんな勉強が好きだから、
先生に来ていただいて
よい刺激になったようです。



サカダワ


14日の満月は、サカダワです。
この日、学校がお休みの子ども達は、
朝からスワヤンブナートにコルラに出掛けました。

コルラに行くぞー
「コルラに行くぞ~!!」
意気揚々の子ども達。


1周目、まだまだ余裕です。
道端の花を摘んだり、楽しそう♪
コルラ1

マニ車を回しながらコルラする
チュインとタチェン。
コルラ2


途中、お灯明をお供えします。
コルラ3


1周、大人の足で約1時間かかる道のり。
途中、休憩をはさみながら、歩きます。
コルラ4
アパーとアマーの赤ちゃんにとっては
最初のサカダワです。


途中の給水所。
無料のミネラルウォーターが振舞われます。
コルラ5


黙々と、マニ車を回しながら進む子ども達。
何と、朝のうちに4周もコルラしました!
コルラ6

夜、改めてコルラに出かけて
2週を回りました。

合計6周もコルラしました。
巡礼路に準備された夕飯をみんなで頂いて
サカダワの夜を迎えました。

センドゥプ



みんなに撫でまくられて
ちょっと迷惑そうにしている
こちらの立派な犬。

大家さんの半マスチフス犬・センドゥプ

大家さんの飼い犬の「センドゥプ」。

子ども達は、犬を怖がらないばかりか
ブラッシングしようとしたり
何かと言っては、撫でまくるので
センドゥプとしては、これまでののんびりした暮らしが
懐かしいかも知れません(苦笑)。

畑仕事


庭の畑のいろいろな植物が
随分成長しました。
畑仕事1

みんなで、熱心に
草取りと、水やりをしているからだと思います。
畑仕事2
気づくと、本当に一生懸命
草取りに熱中している子ども達。

畑仕事3
左のほうで、ダワが手にしているのが
今日収穫したニンジン。
なかなか立派に、出来ています。

草取りの後は、アムチがみんなに
おふざけを仕掛けて、盛り上がります。

ごはん♪



さあ、ご飯の時間です~。
順番に並んで、お皿にご飯を入れてもらいます。
食事1

食欲旺盛。
本当によく食べるんです…。
食事2
絶対に、残すことは、ありません。

新しい家では、食堂のテーブルが
とっても大きくなったので
今は、アパーも並んで一緒に
食べることが出来るようになりました。
食事

お手伝い



女の子達が、
アムチのお手伝い。
診療所の掃除

チベット予防医学室の薬棚を
整理しています。


雑巾がけをしながら
興味深そうに、薬を眺めています。


四葉のクローーバー



子ども達が、なにやら熱心に
地面を物色中。

近づいてみると、
四葉のクローバーを探していました。

発見??
四つ葉のクローバーを探せ1


こういうときは、女の子の方が
断然、集中力がありますね。
四葉のクローバを探せ2

見つけたかな?

プール♪


この時期、とても蒸し暑いネパール。
そこで、今年初めてのプールを開催しました!!


今年のプール開きは、
何と、屋上で開催。
プール2

子ども達、はしゃぎまくりです♪
プール1


本当に、プールが大好きな子ども達。
プール3
もともとは、蒸し暑い時期の
皮膚の炎症予防にと思って
買ったプールです。
当初、水に入ったことの無い子ども達は
怖がって喜ばないかと心配しましたが
やっぱり水遊びは大好きなんですね。


プール4
はしゃいだ後は、クールダウン。

渡る風が、気持ちよい屋上です。

楽しい庭


男の子達が、庭に集まって
何やら楽しげに、
相談しあったりしています。

楽しい庭

何の相談??

お散歩


夕食後に、アムチが子ども達を
お散歩に連れて行ってくれました。
食後のさんぽ1
なんだかこの写真
アヒルの親子の行列のように見えてしまうのは
私だけでしょうか??


お坊さん達も、休憩中。
食後のさんぽ3
側転を披露する、運動神経抜群のペマ。


本当に日が長くて
ご飯の後も、まだ明るくて
いつまでも、外で遊んでいたくなります。
食後のさんぽ2


登校前



登校前のひと時
朝の様子1
お弁当の準備をしています。


とても広い、新しい建物の玄関です。
朝の様子2

みんな学校へ行く準備を早くやりすぎて
毎日ちょっと持て余してから
学校へ行きます。

一体どれだけ、学校が好きなんだろう?
と思うのですが、
楽しいことは、いいことですね。

行ってらっしゃい!

「そろばん募集」のその後


今年の「4月8日のブログ」にて
募集を呼びかけさせていただいた
そろばん。

途中の経過を、
「4月25日のブログ」で、お伝えしました。

本日は、さらにその後をご報告します。

4月の末に、とある会合で
石川は久々に、大学の先輩とお会いしました。
その先輩は、いつもブログを
楽しみに見てくださっているとのことでした。

「そういえば、そろばんを募集しているとの事だったけど
 実は、ウチの母はそろばんの教師だったの」とのこと!

その後、お母様のMさんから直接ご連絡を頂き
お話をさせて頂きました。
30年にわたって指導してこられたそろばんを
昨年、お辞めになって
今年からは、ボランティアで
指導をされているとのことでした。

全く初心者の子ども達のために
様々な問題集をご用意くださいました。
これまでの指導の中で使用されたものに加えて
新しくご注文いただいて
お取り寄せくださった問題集もありました。

頂いた、新しい問題集。
DSCN3923.jpg

これらの問題集を製作されているのは
仙台にある会社です。
そちらの企業様も被災されて
不幸にも、事務員の方を2名も亡くされたとのこと。

発注することが、少しでも復興の助けになればと
新しい問題集を、ご注文いただいたのでした。

ありがとうございます。
大切に使わせていただきます。

DSCN3925.jpg
「それいけ ぱちぱちランド」
勢いのある、名前です。


中はこんな感じです。
なんだかちょっと、懐かしいですね。
DSCN3926.jpg

その他、サポーターさんからも
そろばんをお送りいただいております。
DSCN3927.jpg
皆様のご協力によりまして
クンデ・ハウスの子ども達の分に加えて
ご近所の子どもさんの分も
少し準備できる数が整いました。

本日を持ちまして、一旦
そろばんの募集を締め切らせていただきます。
ご協力、ありがとうございました。



さて、肝心のそろばん教室ですが
そろばんの先生と詳細を詰めたところ
クンデ・ハウスの子ども達は
そろばんをはじめるのには、少し
年齢が早いとのアドバイスを頂きました。
理想的には、後1年ぐらいして始めるのがいいとの事。

そうですか…。
ネパールではちょうどブームなこともあって
ぜひとも習わせたい!と思っていましたし
年齢が早ければ早いほど、
良い様に思っていたのですが
適齢というのがあったのですね…。

このようなワケで
今からゆっくり準備をして
来年度、様子をみながら
教室を開始したいと思います。


でも実は、子ども達、やる気は充分!
そろばんの袋
実はもう既に、それぞれの「マイそろばんケース」を
小川先生におつくり頂いて
ウキウキなのです♪

サカダワ月


今月の2日から、チベット歴のサカダワ月が始まりました。

サカ・ダワとは、チベット歴の4月(お釈迦様月)のことで
この月の満月は、お釈迦様が
生誕し、成道し、涅槃された日とされており
チベット人にとっては、とりわけ重要な期間なのです。

またこの期間に行った善行は
通常の何倍ものご利益があると信じられています。

去年もお伝えしたのですが、
サカ・ダワ期間中のお得な「善行倍増ポイント」
については諸説あり
インターネットで検索してみると、
「300倍」というのが最も支持を集めている倍率のようですが
個人的に聞いたところによると、「300倍」というのは
必ずしもチベット人の共通認識ではないようです。
一番多い方は、「数万倍」なのだそう。


また通常、チベット人は
サカ・ダワが始まると肉食をやめます。
TCPでもサカ・ダワの始まった新月から
菜食の食事です。

この期間になると、
クンデ・ハウスでご飯を食べなくなるアムチ。
そう、お肉が出ないからです!
でも今月からは、同じ敷地に住んでいるので
そういうわけにも行きません(笑)。



ちょうどお休み中の子ども達、
毎朝5時に起きて、スワヤンブナートにコルラに出掛けます。
サカダワ月毎朝のコルラ5
最近は、すごく体力がついたので
大人の足で、1周1時間のコースを
2周コルラします。

お寺の周りにいる、お猿さんたち。
サカダワ月毎朝のコルラ6

もちろん、コルラには
アパーとアマーと赤ちゃんも参加。
途中でおしめを取替えながら歩きます。
サカダワ月毎朝のコルラ4

2周のコルラを終えた後は
お寺の庭でお経を上げます。
サカダワ月毎朝のコルラ7

サカダワ月の朝は、お寺などで
無料の食事がふるまわれます。
私達も、朝ごはんを頂きます。
サカダワ月毎朝のコルラ2

お行儀よく並ぶ子ども達。
サカダワ月毎朝のコルラ1

2周のコルラの後のご飯は、美味しいっ!!
サカダワ月毎朝のコルラ3

子ども達が、早朝から2周もコルラしたり
きちんとお経を唱えることが出来たり
集団の中で、状況にふさわしい行動が取れる事を見て
チベット人の方々が口々に褒めてくださいます。

2年前には、サカダワのコルラに
参加するのも難しかったのに
こうして今は、全員でコルラ出来る体力が身について
その場にあわせた振る舞いが出来るようになって
本当に、子ども達が成長したなと思います。

観音菩薩様のご加護と
皆さんのご支援に、感謝しきりのサカダワ月です。

水がない!



新しいクンデ・ハウス。
実は配管が壊れていることが発覚し
水が出ません…(涙)。

水が来ない1


隣にあるアムチの下宿先から
バケツで水をもらって来て
洗い物をしています。

本日の水道係は、チミです~。

アムチのお手伝い


これまでも、
アムチの下宿先とクンデ・ハウスは
それほど遠い距離ではなかったのですが
やはり子どもの足だと
ちょっとした道のりでした。

でも、これからは
アムチと一緒の暮らしです。

子ども達が、アムチの製薬をお手伝い。
薬の原材料を砕く作業3
原料を細かく砕いています。


原料は、電気的な機械を使用せずに
手で砕いています。
薬の原材料を砕く作業2

伝統的なチベット医学のエッセンスに
こうして触れることで
チベット文化の素晴らしさを理解して
誇りを持って欲しいと思っています。
薬の原材料を砕く作業1


アムチ人気


未だ、PCは修理が終わらいままなのだそうですが
町のネットショップから送ってくれた写真が来ましたので
ブログをUPさせて頂きます。



子ども達にとても人気のあるアムチ。
ひとつには、よく遊んでくれるからです。
もうひとつは、アムチという職業自体が
チベット人には、たいへん尊敬を集める職業で
多くの子どもの憧れの職業だからです。

アムチの下宿先の部屋にあった
薬の原材料を、新しくする診療所へと
引越ししています。
薬部屋
もちろん、子どもたち、我先にとお手伝い。

先日、サポーターさんに運んでいただいた
カニの甲羅を興味深く、手にするヌモ。
薬部屋2
ヌモは将来、アムチになると決めていて
一生懸命勉強しています。

薬部屋3
こうやって薬の原料に囲まれて
日常的に目にしたり
薬の製作をお手伝いするようになって
子ども達は、アムチの仕事に
さらに興味が沸いてきているようです。

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |