イチ



TCPの番犬、イチ。
イチ1
番犬だけど、盗まれた過去もある
お茶目さんです。
(その驚きの過去は、こちら→

イチは、お年頃の女の子です。
ネパールでは血統のいい大型犬は
お見合いをさせ、子犬をもうけるのが一般的。

見目麗しいイチは人気者で
8月に9回もお見合いをしたのですが
どなたもお気に召さず…
気合を入れて、お見合いに連れ出したアムチと加藤は
すっかり疲れて帰宅したのでした。

イチ2
どんな犬が、タイプなんでしょうか?


今日もみんなに、可愛がられているイチです。
イチと子ども達
スポンサーサイト

嬉しいお知らせ


突然、クンデ・ハウスに1本の電話がありました。
電話の主は、WFWP(Women's Federation for World Peace)。
WFWPは、国際NGOです。


「明日の授賞式に、お越し下さい。」


授賞式?!



IMG_0539.jpg
表彰を受けるイシ。

この度、WFWP主催の絵画コンクールが行われ、
ネパールでの応募総数2,000点を上回る絵の中から
カテゴリーClass1の1位に、イシが選ばれたのでした!!

この絵画展は、世界中でそれぞれ予選が行われていて
各国の学年の代表に選ばれた1点は、
今後、世界巡回展に出品されるのだそうです。

びっくりしました~!!!
イシ、おめでとう!!
代表なんて、すごいです~。


壁に展示されていている、大きな絵がイシの作品。
IMG_0541.jpg
題は「The Place where I live」


それだけじゃないんです。

実は
IMG_0540.jpg
ダワの絵も、入賞したのでした。
ただ、残念ながらダワの学年のカテゴリーは
他の人が1位だったので、代表には選ばれませんでした。

ダワの絵は、大自然と大きなゴンパ(寺院)の絵。
とても良く描けています。


表彰式にて。
IMG_0535.jpg
緊張する二人。

クンデ・ハウスでは
亡命直後から、積極的にお絵かきをさせてきました。
言葉にならないストレスや、心理的なトラウマなど
もしそのようなものが子ども達の中にあるのならば
絵に表れるのではないか…。
恐ろしい絵や、暗い色彩の絵を描いたりしないか
当初は心配しながら、見守ってきました。

でも、子ども達は
クンデ・ハウスの生活に慣れるにしたがって
たくさんの家や、人や、花や、山などを
明るい色彩で、画面いっぱいに描くようになりました。

自由に描かせているうちに
絵の得意な子達は、さらにどんどん絵を描くようになり
そのうちの何人かが、今回のコンクールに向けて
大きな絵を一生懸命描いたのでした。


記念撮影の様子。
IMG_0544.jpg

好きな事が評価され、これでさらに自信をつけて
いろいろな事にチャレンジしていって欲しいと思います。

一周忌法要



TCPは昨日、前代表の一周忌法要を執り行いました。
法要1
前代表と親しく交流されてたラマたちが
たくさんお集まりになりました。
遠くからも足をお運びいただきました。
このような時、本当に前代表のお人柄が偲ばれます。


突然の出来事から、もう1年も経ったのです。
法要2
大変すばらしい法要でした。


子ども達もせっせとお手伝いしました。
法要3
チュメにオイルを注ぐダワ。

法要4
それを運ぶカンド。
子ども達が、たくさん手伝ってくれて
本当に助かりました。

こうしてつつがなく
一周忌法要を終える事ができました。

ボランティア活動終了


台湾のナショナル・ユンミン大学の学生さんたち
最終日の様子。

IMG_0480.jpg

「来年も、絶対に来るっ!!」
口々にそういって、帰って行かれました。

大学生の若い彼らには、
刺激の多い、良い経験だったようです。

…なーんて言うと、ものすごく
自分が年をとった気分になります(笑)。


ナショナル・ユンミン大学のみなさん
ありがとうございました。

大学生ボランティア


昨日より3日間、
台湾のナショナル・ユンミン大学の学生さんが
クンデ・ハウスにボランティアに来てくださっています。

IMG_0444.jpg
彼らはカトマンズ市内の、
特にボダナートとスワヤンブナートの
学校や、お寺の小坊主さんたちと交流を図り、
基礎衛生を教えるボランティをしているそうです。


今日は、正しい歯の磨き方を
教えてもらっていました。
IMG_0446.jpg
5名の若い学生さんに指導してもらって
子ども達も楽しそう♪

学生さんたちは、
ネパールでの活動は、今年が始めてだそうです。

・歯のチェックと歯の磨き方
・視力検診と姿勢の話
・楽しい遊び
の3つを、3日に渡って指導していただきます。

みんな、きれいに磨けたかな?
IMG_0449.jpg
子ども達に、良い刺激になったようです。


こちらは、昨日の遊びの様子。
IMG_0394.jpg


ナショナル・ユンミン大学のみなさん
ありがとうございました!

予防注射


みんなちょっぴり冴えない表情で
それでも、お行儀よく待っています。
注射1

何を待っているのかというと…

予防注射。


今年のネパールは異常な雨量で
カトマンドゥ市内に、腸チフスが蔓延しているのです。
多くの学校で、予防接種が呼びかけられています。

こんなにチフス菌が蔓延すると
大雨ごとに、道が川と化すこのあたりでは
感染源の汚染された水に触れる確立が高いので
みんなで予防接種に行ってきました。

クンデ・ハウスには、乳児のテンジンもいますし
予防接種の注射はちょっとお高いのですが
そんなことも言っていられない!と
パタン・ホスピタルへ。


待つ事、2時間半。
注射2

子ども達の視線が、みんな上を向いているのは
病院の待合に、テレビがあったからなんです。
注射3

無事に、予防注射を終えました。
これで一安心ではありますが
ワクチンの効力が出るのは
接種完了後2週間ほどしてからだそうなので
引き続き、手洗いなど、衛生には注意したいと思います。

学習熱


こんな事を言っては、何なんですが…
どうしてクンデ・ハウスの子ども達は
こんなに勉強好きなんでしょう?
家庭教師2
学校から帰ってきて、まず一番にやるのが宿題。
もちろん、「帰宅後は、即宿題」というのは
意図的に習慣付けたのですが
宿題が終わっても、勉強する子がいるのは、なぜでしょう?

こういう状況を、
もうちょっと素直に喜べばいいのでしょうが
どうも日本的な感覚で言うと
「子どもって、勉強嫌いなはずなのに?」
などと思ってしまう訳なんです。


あんまり勉強したがるので
新しい家庭教師の先生をお願いしました。
家庭教師1
チベット人の若い先生で
とても子ども好きなので、丁寧に見て下さいます。

新しい事に、どんどん興味が広がって
それぞれがやりたい事を見定め、
努力と研鑽を重ねて
いろんな分野で活躍できる人材に
なってくれたらいいなと思います。

NYからのご寄付


6月26日のブログでご紹介した、NYの「ゆるLOHA」さん。

ガレージセールの売り上げ$400をご寄付いただく際に
「出来れば、子ども達の学習のために使っていただきたい」との
リクエストを頂いておりました。

そこで、子ども達の日々の学習に必要なものを
優先順位の高いものから、購入させていただきました。

購入させていただいた、学用品がこちら↓
文具の購入
すごい量ですね~。

一体、どれぐらいの金額で
ネパールではどんなことが出来るのか
目安として知って頂ければと思い
ご了承を得て、会計を報告させていただきます。


①ノート 20Rs×600冊=12,000Rs

②のり  65Rs×20個=1,300Rs

③コピー用紙 365Rs×15冊=5,475Rs

④お絵かき画用紙 160Rs×15冊=2,400Rs

⑤クリップボード  250Rs×15個=3,750Rs

⑥インク(チベット文字を書く時用) 50Rs×15個=750Rs

⑦大きな画用紙 80Rs×5枚=400Rs

⑧黒板用サインペン 65Rs×10本=650Rs

⑨カラーA4ペーパー(クラフト) 295Rs×10冊=2,950Rs

合計 29,675Rs

上記で、ほぼ$400となります。
($1=74Rs)


大量の文具を前にした子ども達、
ちょっと興奮気味です。

文具が充実したので
また勉強にもいっそう熱が入りそうです。

「ゆるLOHA」代表の桜本様をはじめ、会員の皆様
ガレージセールにご協力を頂いた皆様
本当にありがとうございました。




テンジン


登校前のスナップ。

制服を着て、準備が整ったパサンとカンドが
アパーとアマーの部屋へ。

お目当ては、テンジン。
P1010029.jpg

たくさんのお兄さん、お姉さんに囲まれて
あやされたり、話しかけられたり
大忙しのテンジンです。


追記:8月15日15:40

昨日、ネパールの首相が辞任した模様。
あーん、ただでさえこれまでの混乱振りは
心配の種だったのに、どうなるのやら…。
国民の生活苦が心配です。


首相が辞任、政治混乱拡大へ
再びリーダー不在―ネパール

時事通信 8月15日(月)6時7分配信

ネパールからの報道によると、7カ月にわたる首相不在を解消する形で2月に就任したカナル首相が14日、辞任した。ネパールでは10年に及ぶ内戦が2006年に終結後、新憲法制定作業など和平プロセスが進行中だが、主要政党間の政策対立が深刻化し、国政の重要課題を決められない異常事態が続いている。調整役だった首相の辞任により、さらなる政治混乱に陥る可能性が高い。

お経の練習


子ども達が、仏間でお経の練習中。
時刻は、朝の5時半。
IMG_0379.jpg
みんなこれで、しゃっきりと目が覚めます。


アムチが指導をしてくれます。
IMG_0378.jpg

アムチはあの「白熱した夜の激論!?」の中で
子ども達の教育に対する新たな提案を
いくつかあげてくれました。

その中には、
「経典の暗唱を今以上に強化するべきであり
 そのためには、
 具体的な目標を掲げることが必要だ。」

ついては
「クンデ・ハウスとして
 ○○○万回のお経を唱えることを宣言し
 法王様にご報告したほうが良い。」と。

チベットでは、ある単位の組織で
数十万回、数百万回のお経を唱えることを宣言し
それを奉納したりします。

ひとつのことをみんなで成し遂げるという
教育的な指導のためにも
お経を習慣化するためにも
アムチの提案は、とても有効な手段だと思います。

奉納できる日を目標に
まずは地道にお経の練習です。

アムチのお手伝い


チュインとタシが、大量のニンニクをむいています。
アマーのお手伝い?
IMG_0366.jpg
いえいえ今日は、アムチのお手伝いなんです。

チベット薬の製作を
みんなで手伝っています。

泥で作った小さなかまどに
大量のニンニクを投入。
かまどを泥で固めて、約8時間蒸し焼きにします。

泥こねチームのみなさんは、こちら。
IMG_0364.jpg

じっくり蒸し焼きにしたニンニクは
胃の薬の原料になります。
IMG_0368.jpg
アムチと同じ敷地に住むようになってから
子どもたちは日常的に、アムチの製薬を手伝っています。
小さいうちから、伝統的な知恵を
体で覚える環境が整って、本当に良かったです。

草取り


女子チーム、庭の草取りのお手伝い。
雨と暑さで、ぐんぐん伸びた草たち。
IMG_0375.jpg
なんだかとても楽しそうな、パサンとカンド。


刈った草を運びます。
IMG_0376.jpg
イシは暑くて、Tシャツを脱いでしまっています。

こちらも、Tシャツを脱いだ様子のカンド。
IMG_0377.jpg
一生懸命です!

里親さんからの手紙



日本に一時帰国していた加藤が
ネパールに戻るとき
里親さんたちからの手紙をお預かりしました。

毎回、里親さんからのお手紙は
子どもたちにとって
盛り上がらずにはいられない
大きなイベントです。

その様子が、こちら。
IMG_0362.jpg
みんな、嬉しそう~♪

こういう子どもたちを見るとき
里親制度を作ってよかったなと思います。
IMG_0361.jpg
最近では、子どもたちは里親さんの名前を覚えて
「○○さん」と呼んだりしています。
日本人には、さんという敬称を付けることを
覚えたからです。


一生懸命、カードが写真に写るように
差し出す子どもたち。
IMG_0363.jpg
あれれ?さっきからカードだけ見えて
プサンモの姿が隠れてしまっていますね。
嬉しくて、仕方が無いんですね♪

里親の皆様、ありがとうございました。

勉強


子ども達の夜の勉強時間。
教科書をおさらい中。

IMG_0087.jpg

勉強した部分を
それぞれのペースで暗記中です。
IMG_0083.jpg

カンドが「気をつけ!」をして
暗唱しているのが、ちょっと可笑しいですね♪
IMG_0080.jpg
多分、気合が入っているので、必然的にこうなるようです。


でも時々は、チベットの歌も歌ったり
踊りも披露してくれます。
IMG_0097.jpg


勉強の後は、大好きな絵本を見ながら過ごします。
IMG_0101.jpg

夏の夜のひと時です。

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |