新しい学校


既に、会員サポーターの皆様には
2012年収支報告書の中で
「子ども達の学力に合わせて、レベルの高い環境で学ばせたい」
という考えの下、
子ども達を転校させる意向であることを、お伝えしておりましたが
この春より通学する学校が、決定しました。

転入試験を、全員で受けに行く子ども達。
IMG_3501.jpg
かなり緊張の面持ち。
みんな顔が凍りついています…!

試験の結果は、翌々日には発表され
全員が無事に合格!

ま、実を言うと
ネパール語の成績はかなり悪かったのですが
今まで日常で使ってないので仕方がないですね…。
きっとお友達にネパール人が増えたりして
語学力も伸びると思います。


これまでナムギャルスクールに通わせていたのは
何よりも、きちんとしたチベット語を身につけさせたいということが
最優先だったためなのですが
家での補習が可能な現在、
全体としてさらに良い環境で
子ども達を学ばせたいと考え
転校を検討してきました。

学校の指針、学力、学費、通学の利便性など
様々な条件を満たす学校を
昨年秋より見学してきましたが
最終的に、あらゆる角度から検討して
バグマティ・メモリアル・スクールが
最もバランスが良いと判断し決定しました。

設立から40年以上の運営実績のある学校です。
生徒数は2300人と大規模です。
きっとお友達の範囲も、ぐんと広くなる事でしょう。

子ども達も、転校に前向きで
転入試験当日こそ、ドキドキして緊張していましたが
今は新しい学校生活を、楽しみにしています。

このように、より良い環境を求めて
転校する選択肢を準備できますのも
皆様のご支援のお陰です。
改めて、サポーターの皆様に感謝を申し上げます。

今後も、新しい展開を迎える子ども達の様子を
楽しみながら見守っていただけましたら幸いです。
スポンサーサイト

春めいてきました


カトマンズは、すっかり暖かくなってきましたよ。

先日、3日続けて雨が降りました。
子ども達にとっては楽しい雨!!
水溜りで、泥遊びを楽しみました。

女の子は家や学校を作りました。
IMG_3545.jpg
こちらが、板やレンガも併用し
女子チームが作った建物。

IMG_3546.jpg
男の子達は、大きな池(海?)を作って
船を浮かべていました。

写真の右奥が
池に船を浮かべようとしている
ツェテンです。

ご訪問ありがとうございます!


お味噌の作り方を指導してくださったり
ビタミンAの投与に来てくださったり
おやつの調理実習をしてくださったり
本当に、いつもお世話になっている保健師のIさん。

この度、Iさんのご友人で
幼児教育の専門家の方が
遊びに来てくださいました。
IMG_3505.jpg
お天気の良い屋上で
ネパールの歌を歌います。

IMG_3507.jpg
動作付きで楽しそう♪

IMG_3503.jpg
これは演劇をやっているところです。
何の物語か、分かりますか?

IMG_3504.jpg
正解は…

「大きなカブ」

カブの中のツェテンとクンガが
一生懸命に踏ん張って
引き抜かれないようにしている様子が
とても可愛いです。

楽しい時間を、
ありがとうございました!

当番表


子ども達の部屋のある2階の廊下に
こんな表が張り出されています。
DSCN5985_20130221215332.jpg
カレンダーの裏を利用して作られた
子ども達の仕事分担表です。

DSCN5987_20130221215334.jpg
毎日スタッフが、○、△、×で
仕事ぶりを評価して書き込みます。

DSCN5988_20130221215335.jpg
一番上のマークが、箒を表していて
廊下と階段のお掃除の担当。

L は、リビングルーム掃除
T は、トイレ掃除
R は、男女の子ども部屋の掃除
W は、食器洗い
O は、庭のごみ拾い&清掃

2週間ごとにローテーションして
チーム変えをします。

DSCN5991_20130221215336.jpg
廊下&階段清掃チームのヌモ。

DSCN5980_20130221215330.jpg
子ども部屋清掃チームの、ダワとパサン。

DSCN6287_20130221215355.jpg
食器洗いチームの、イシとクンガ。

月末に、清掃状況の合計を出すので
誰がサボっていたかが一目瞭然になります。
みんなとても真面目に、お仕事してくれます。

夜の勉強部屋


長い冬休みもいよいよ終了。

休みの間、夕食後は
お経の暗誦をして、そのあとに勉強をします。
DSCN6033.jpg
勉強部屋での様子。
休みの間は、アムチの親戚のお兄さんパンチョルと
大家の息子さんが、家庭教師をしてくれました。

DSCN6036.jpg
勉強の最後に、年長組は日記を書きます。
こちらは、イシの日記。

スタッフにオレンジをもらって嬉しかった事
男の子達が喧嘩した事など
イラスト入りで、書かれています。

4年前ノートも鉛筆も、初めて見る状態から
今では、チベット語、ネパール語、英語を読み書きし
日本語だって簡単なことは理解できるようになりつつあり
教育の素晴らしさと可能性を
目の当たりにしています。

里親さんからの手紙


年末に入居したばかりのクンガ・ラモ。
実は既に、里親さんがいます!

昨年は、里親サポートのお問い合わせが複数あり
里親さんの順番をお待ちいただく…という
TCPにとっては、当初予想もしていなかった
嬉しい事態が起こっていたのです。

早速、里親さんが
クンガ・ラモに写真とお手紙をお送りくださいました。
IMG_3502.jpg
頂いた写真に興味津々。

手紙をもらって嬉しい様子が
存分に伝わってきますね。

里親さんは、
今後の進学や、ネパールの医療事情など
とても気にして下さって
何度もお問い合わせを頂いています。

これだけ詳細に熱心に、
里子の未来を考えて下さるなんて
本当にクンガにとって幸せな事だと
感謝でいっぱいです。

TCPで人生が激変して
飛び切り幸せな未来を
誰もが手にして欲しいと思います。

TCPのロサル


2012年の間にも
多くの命が抗議の焼身のために
絶たれてしまいました。

この状況に鑑みて
新年の祝賀行事を行なわないチベット人達ですが
TCPでは、静かにカプセだけを作って
新年らしさを味わいました。
IMG_3510.jpg
スタッフのイシが、一生懸命生地作り。
大家さんの息子で、冬の間、
家庭教師をしてくれているお兄さんが
カプセの揚げ係です。

IMG_3511.jpg
いろんな形のカプセを作りました。
右のものは、ちょと揚げすぎてしまったもの…。

IMG_3512.jpg
こんなにたくさん作りました!
日頃からお世話になっている大家さんや
ご近所に、カプセを配って歩きました。

IMG_3521.jpg
その後は、みんなでおめかししてコルラへ。
チュバを着たイシのサングラス姿が、
やけにカッコいいです。

IMG_3533.jpg
コルラの途中にある、いつも立ち寄る池。

ロサルの祝賀行事を
もう何年も自粛してきたチベット人。

今年こそは、良い年になりますようにと
お祈りしました。
そしていつもご支援くださるサポーターの皆様の
ご健康とご多幸も祈願しました。

100人


今日はバレンタインデーです。
こんなウキウキした日に、重い話題ですみません。
でもこれは、今、現実に起こっていることです。


抗議の焼身100人に=亡命政府、中国を非難―チベット
時事通信 2月13日(水)22時0分配信

【ニューデリー時事】インド北部ダラムサラのチベット亡命政府は13日、中国政府への抗議としてチベット自治区などで焼身自殺を図ったチベット族が計100人に達したことを明らかにした。亡命政府当局者は「100という数字に衝撃を受けている」と述べた上で、責任は中国にあると非難した。
 抗議の焼身は2009年2月に初めて行われ、13日にネパールの首都カトマンズで100人目が確認された。AFP通信によれば、このうち83人が死亡している。

以上、ニュースより転載


昨日、100人目の抗議の焼身が
ボダナートで行なわれました。
焼身自殺を図ったのは、21歳前後の
僧侶姿の男性との事です。

このため、
子ども達の通うナムギャルスクールには
たくさんの警官や軍が出動してきました。
監視するためでしょう。

ボダナートでデモが企画されましたが
軍の制圧で土壇場で、
開催中止を余儀なくされました。
毎日、たくさんのチベット人が
コルラをするボダナートですが
今日もコルラをすることさえ禁止です。

21歳の若者が
自らの身に火を放つしかない状況とは
どんなものか、想像するだけでも胸が痛みます。

もちろん、抗議の焼身自殺は
ダライ・ラマ法王自らも
「やってはならない」とおっしゃっています。

それでもなお、そうせざるを得ない
追い詰められた、希望のない状況が
広がっているのです。

ロサル


ロサル・タシデレ!

今日は、チベット暦2140年の新年、ロサルです。

しかし残念な事に、今年もまた
チベット人コミュニティーは
新年のお祝いを自粛する決定をしています。

一昨年に引き続き昨年もチベットからは
中国政府に対する抗議の焼身自殺が伝えられました。
自由に声を上げることが許されぬ状況の中で
自らの身に火を放つことでしか意思表示が出来ないと
追い詰められた彼らの魂の叫びが
世界の多くの人々に届くようにと祈りたいと思います。

思考し、発言し、行動することの自由が
保障されている環境にある人々が
一人でも多く彼らの無念さを汲み取り
それぞれの良心に従って可能な行動を
起こしてもらえるように願っています。

TCPも新年祝賀行事を自粛いたしますが、
サポーターの皆様のご健康とご活躍を祈念し
本日までの到着で
新年のご挨拶カードを
発送させて頂いております。

月間&年間サポーターさんには
スタッフ手書きのご挨拶&子どもたちが絵を描いたカードを
里親さんには、年賀カードと
里子の成長を記録した動画&写真を
本年はDVDでお届けしております。

万が一、届いていないサポーターさんがいらっしゃいましたら
お手数ですが、事務局までご連絡ください。
info@tcp-np.com

本年お送りしたカードは、こんな感じです。
DSCN6413.jpg

中はというと…
DSCN6396.jpg
里親さんと自分を描いた
チミのカード。

DSCN6410.jpg
カンドは、里親さんに
いっぱいメッセージを書きました。

DSCN6421.jpg
力作の、ストゥーパ。

DSCN6415.jpg
伝統的な衣装を着た、チベット人。

DSCN6412.jpg
クンガ・ラモも一生懸命書きました。

さらに子ども達のうち数名から
それぞれ、里親さんに力作のプレゼント。


じゃ~ん!!
DSCN6423.jpg
手編みのマフラー♪

子ども達の編み物の様子がこちら。
2012年1月10日ブログ「マフラー」

女子のうち、
ダワ、カンド、パサン、イシ、クンサン、ヌモが
マフラーを仕上げて、里親さんにプレゼントしました!

DSCN6386.jpg
マフラーの途中に、穴が開いているのは、
片方の端を、穴の中に通して使うからなのです。

DSCN6387.jpg
こんなに綺麗に、編み上げています♪

男子チームも頑張りましたが
マフラーとして機能するには
やや長さが足りず、今年のプレゼントは断念しました。

チミなどは「来年は帽子を編んでプレゼントする!」と
今から張り切っています。


DVDに収めた成長記録には、
子ども達自身から
里親さんへのメッセージも記載されています。

「日本は寒いと聞いたので、上手に仕上がらなかったけど、一生懸命にマフラーを編んだので、使ってください。来年は帽子を編みます。何色が好きですか?Yさん(里親さんのお名前)がいつも幸せでありますように、そしていつか私に会いに来てくれますように祈っています。いつもありがとうございます」

「Rさん(里親さんのお名前)は、ぼくを大切にしてくれている。いつもプレゼントをたくさん持ってきてくれる。そして大切なものをぼくにくれるんだ。ぼくだけの大切なパパ。ぼくに会いに来てくれるのはRさんだけだから、とても嬉しいけど恥ずかしくてなにも話せない…。でもすごーくすごーく嬉しいんだ。ばくはパイロットになって、いつもRさんに会いに行くんだ。そしてお金をいっぱいもらって、Rさんにプレゼントするんだ。毎日お祈りをしているときは、Rさんが病気にならないように祈ってるんだ」

どの子も里親さんへの愛情がいっぱいのメッセージで
文章を入力しながら、じーん…(涙)とした石川でした。

人を思いやる気持ちが
こんなにもまっすぐに素直に育って
本当に感謝です。
サポーターの皆様のご支援のお陰で
こうして子ども達は、安定した環境で
心も体も健全に成長することが出来ています。
この場をお借りして、改めて
皆様のサポートに、御礼を申し上げます。

子ども達の未来が、明るいものであるようにと
新年に祈りを捧げます。

里親さんからの手紙


石川がネパールに行くと
「ね、ね、あれ持ってきてくれた?」と
子ども達がソワソワします。

「いつ渡してくれる?」と
到着した時から、
子ども達が何度も聞いてくるもの
それは…

里親さんからのお手紙です。

お天気の良い屋上で
里親さんからお預かりした手紙を
みんなに渡しました。

みんながどれぐらい
それを楽しみにしているのかと言うと…
DSCN6226.jpg
これぐらい。
タチェンは嬉しくて、反り返っています。

DSCN6234.jpg
タチェンの里親さんは
いつもたくさんのお写真に解説を添えて
ご自分の生活や趣味、旅行先でのことなど
いろいろと報告して下さるのです。

DSCN6229.jpg
大好きな里親さんから、
お写真入りの年賀状をもらって
とっても嬉しいカンド。

DSCN6230.jpg
イシは、可愛いカードが届きました。
綺麗なお写真のミニアルバムもありました。

DSCN6241.jpg
クンサンもミニアルバムに
たくさんのお写真を頂きました。

DSCN6237.jpg
ツェテンは、パパ、ママ、お兄ちゃんの
ご家族三人から、それぞれメッセージカードが。

DSCN6235.jpg
チュインは、里親さんが法王様とご一緒に
映っているお写真が入っていてびっくりです。

DSCN6231.jpg
パサンは、里親さんから直々に
お手紙をもらいました。

…パサンの表情が凍り付いているのは
里親さんが好き過ぎて
どうしていいかわからずに、
挙動不審に陥っているのでした^^

このあと、パサンは
「ジンダ(里親さん)の前だと、
 どうしてか石みたいになっちゃうの…
 はぁ~、緊張しちゃうわ」と
女子達に話していました。

里親の皆様、
お手紙ありがとうございました。

冬の夜


子ども達が寝静まった頃
寝室の見回りに行きます。
DSCN6056.jpg

冬はこうやって
ひとつの布団に、二人づつ寝ることが多いです。
DSCN6057.jpg

こちらは3人で寝ている女子チーム。
DSCN6053.jpg
狭くないのかな?

DSCN6054.jpg
女の子は、寝相も良くて
お布団もきちんと掛けて眠るのですが…

DSCN6055.jpg
男子は上半身が飛び出し気味…。
これが原因で風邪を引いてしまうのですが
どうやったら飛び出さなくなるのでしょうか?
お子さんをお持ちの皆さん、
どんな工夫をされていますか?
もしいいアイデアがあれば、是非教えて下さい。

子ども達のうち、2~3人が
毎日入れ替わりで、アムチの部屋にお泊りします。
というのも、アムチは何と
1人で寝るのが怖いんですって!!!
衝撃の事実です。

最近、就寝前に
みんなでアムチのお化け話を聞くのが
流行っています。

みんな怖がって、
1つのベットに4~5人がかたまって
寝たりしています。

昨日の話は飛び切り怖くて
もうどうにも寝室まで行く事もできずに
全員がアムチの部屋で寝ました^^

ゴムの木


TCPの広い庭の端にある
大きなゴムの木。
DSCN5909.jpg
何かというと、子ども達は
この木の周りで遊んでいます。

DSCN5913.jpg
見上げると、カンドが木登り中。

DSCN5915.jpg
体重が軽くて、運動神経抜群のペマは
あっという間に、上まで登って行ってしまって
びっくりです!

DSCN5914.jpg
小さなツェテンも
まねして、木に登ります。

DSCN5916.jpg
子ども達が、鈴なり状態のゴムの木。

DSCN5923.jpg
枝の端を、ぐんと押し下げて
まるで馬に乗っているみたいに
上下にブンブン振り漕いでいます。

DSCN5924.jpg
あんまり面白そうなので
女の子達も、やってみたい様子です。

DSCN5919.jpg
本当に、子ども達をたくさん遊んでくれて
感謝、感謝です。

甲羅の行方


アムチの依頼を受けて
皆様のご協力を得て収集した
チベット薬の原料たち。
2012年1月18日ブログ「ご協力、ありがとうございました」


無事にアムチに手渡すことが出来ました。
DSCN5877.jpg

「どれぐらい嬉しい?」と聞くと
こんなポーズで答えてくれました。
DSCN5878.jpg
「めちゃ、嬉しい!」

DSCN5879.jpg
嬉しくて、貝を吹くマネをするアムチ。

特に蟹の甲羅は、待ちに待っていたそうで
「いやー、これでやっと
 保留にしてたいろんな薬が作れる!」とのこと。


こちらは、チベット予防医学室の、チベット薬の原料倉庫。
DSCN6321.jpg

蟹の甲羅と足は、
原料の棚の一番良い場所に
どどんっと置かれました。
DSCN6324.jpg
ご協力を頂きましたサポーター様に
改めまして、御礼を申し上げ舞ます。

原料を収集くださった全ての皆様
原料は手に入らなかったけど、気にかけてくださっていた方々
この原料で作られた薬の処方を受ける患者様
全ての方々に
薬師如来様のご加護がありますように。

お経の練習


子ども達のお経の練習は
相変わらず続いています。

学校がお休みの現在は
早朝ではなくて、夕飯を終えた後に
仏間で暗誦します。
DSCN5941.jpg
今年も停電の激しいネパール。
電気がないので、ロウソク1本であかり取り。

DSCN5943.jpg
アムチの厳しいチェックを受けながら
阿弥陀経の暗誦。

DSCN5945.jpg
いつも最後は、チベット国歌と
ダライ・ラマ法王のご長寿を祈って終了です。

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |