宿題


帰宅後、勉強部屋で宿題をこなす子ども達。
P1000257.jpg
ネパールの学校は
多分、多くがそうだと思いますが
宿題が結構たくさん出るのです。

P1000259.jpg
ダワとパサンは、教え合いながら
宿題をしています。

きっと子どもが一人だけだったら
分からない部分を、
分からないまま放置してしまいそうですが
たくさん子どもがいることで
得意な部分を、不得意な子に教えたり
お互いにフォローしあっています。

勉強が良くできる、同学年のイシ、クンサン、ヌモは
お互いに切磋琢磨し合っています。

先日の小テストでは
イシが学年で3位というスコアでした。
クンサン、ヌモはそれぞれ9位でした。
今回は、スーパースチューデントに、
イシとヌモが選ばれました。
おめでとう!すごいね!!

やる気マンマンの3人とは対照的に
それほどまだ、勉強自体に興味が湧かず
それ故に、成績もまあまあ…という子もいます。

子ども達の、輝く部分や輝き出すタイミングは
それぞれ大きく違っています。
皆が良い部分や、与えられた才能を
自分を幸せにするために、伸ばして行って欲しいと思います。
スポンサーサイト

アチャ・イシの日本語学習


スタッフのアチャ・イシが
日本語学校に通い始めました。

サポーターやご訪問者の皆さんと
コミュニケーションがとれると楽しいですし
少しでも多くの言語を取得しておくことは
将来にとって、プラスになると考えたからです。

帰宅後、家で勉強する、アチャ・イシ。
サポーターのHさんに、ご指導いただいています。
P1000245.jpg
Hさんは書道の達人なので
ものすごく文字がきれいなのです!
最初からこんなに美しい文字で
個人レッスンが受けられるなんて
アチャ・イシもラッキーです。

P1000246.jpg
日本語学校の受講期間は、半年。
簡単な漢字も勉強します。

アチャ・イシは尼僧としても優秀でしたし
記憶力も、理解力にも優れているので
きっと半年の間に、
メキメキと上達するのではないかと思います。


空手


子ども達の通う学校では
1年生から、何と空手の授業があります!
P1000248.jpg
とっても素敵な、道着姿の子ども達!

日本の先生に空手を学んだ
ネパール人の先生が指導してくださっています。

先生は「イチ、ニイ、サン…」と
日本語でカウントして授業をされるらしいのですが
「先生の日本語、ちょっと癖があるんだよね」と
面白おかしく、先生のマネをしてくれます。
TCPで日本語を勉強して、耳の良い子ども達は
実はかなり発音には厳しいのです。

教わった空手の授業の内容を、
楽しくイキイキと、伝えてくれる子ども達の様子から
先生がとても上手に、子ども達を引き付けて
教えて下さっている事も伝わってきます。

男子だけでなく、女子も必修です。
P1000255.jpg
イシとカンド。
わずか3か月で、カンドは腰の入った構えですね。

P1000252.jpg
こちらは、クンサンとヌモ。
戦ってます。

P1000253.jpg
こちらは、ペマとタシ。
特に男子は、空手の授業が嬉しくて仕方がない様子。
やっぱり強さや、たくましさへの憧れがあるんだと思います。

子ども達を取り巻く環境が
決して安全とは言い難いネパールでは
少しでも武術の心得があることは
きっとプラスになると思っています。

身を守る手段としてだけではなく
武道の根底に流れる精神も
学んで欲しいと思います。

トウモロコシ


子ども達のガーデンで採れた、トウモロコシ。
大豊作です。
IMG_3860.jpg
とっても甘い品種のこのトウモロコシは
みんなの大好物。

ゆでて、丸かじりしました。
IMG_3859.jpg
甘い甘いとうもろこしは
何と芯まで、甘い事に気づいた子ども達!

粒を食べ終わった後も、
芯を、ちゅーちゅーと吸っていました。
IMG_3858.jpg
本当に甘くておいしい、トウモロコシです。

自家製みそのトゥクパ


暑い夏でも、夕食はトゥクパ。
IMG_3857.jpg
子ども達の作った野菜も使って
自家製のみそで味付けします。
みそ味は、子ども達にも大好評。

この日は、何だか子ども達、眠そうです…。
IMG_3856.jpg
どうやら、はしゃぎ過ぎて
プールの後は、エネルギー切れの様子です。

プール


TCPでは、夏恒例のプール開きを行いました。
PICT0276.jpg
みんなの大好きなプール!!
さりげなくアチャイシも入っています~。

PICT0243.jpg
泳ぐには、少し狭いけれど
それでも泳ぐ男子達。

PICT0241.jpg
ひとしきり遊んだ後は、甲羅干し。
太陽からの直射日光が届かなかったこの日、
さすがに長時間、水の中にいると
少し体が冷えた模様。

屋上のコンクリートの焼けた熱が
体をじんわりと温めてくれます。

PICT0265.jpg
なぜか、水中瞑想するアチャイシ。
…と、それをまねて合掌するペマとヌモ。

標高4,000m前後のチベットから
1,400m程度のカトマンドゥに来たので
亡命直後は、高山病の逆のような症状に見舞われ
(私たちはこれを、低地病と呼んでいます)
特に暑い季節は、体内にこもった熱が抜けず
その熱がさまざまな皮膚症状を引き起こし
皮膚がドロドロになってしまった子どももいました。

少しでも、それらを緩和する為に
プールを準備したのですが
おかげさまでもう既に
酷い低地病は、出なくなってきています。

毎年、夏にはプールを準備するので
子ども達の頭の中には
「プール=夏」という、図式が出来上がっている様子です。

今年も、水を掛け合って
子ども達の元気な声があふれる季節になりました。

タンクの清掃


水タンクの掃除作業中。
IMG_3838.jpg
屋上の上の搭屋に設置されているタンク。
なかなか大仕事で、人手がないと難しく
1年に1度程度しか、大がかりな清掃はできません。

タンクの中に入って、内側もきれいに洗います。



歯磨き


夜の歯磨き。
みんなで一緒に、歯磨きします。
IMG_3853.jpg
チミだけが変な顔をして、ふざけていますね^^

IMG_3852.jpg
アチャ・イシも一緒に歯磨きします。

電気のない夜は、
歯磨きも手探り状態ですが
それでも子ども達は、ワイワイ楽しくやっています。

登校


TCPの門の前で、スクールバスを待っています。
IMG_3844.jpg
子ども達は、新しい学校が
楽しくて楽しくて、仕方がない様子です。
そんな子ども達を見ていると
転校を決意して、本当に良かったと思います。

それと同時に、
環境というものが
これほどまでに、子ども達を変えるのだと言う事を
改めて、驚きとともに再認識しています。

IMG_3845.jpg
ちびっこチーム。
本当に仲良しです。

IMG_3843.jpg
今日も元気に
楽しい学校生活が送れますように!
行ってらっしゃい。

チベット語の勉強


亡命政府の学校に通っていた頃は
授業も校内での日常会話もチベット語でしたが
新しい学校に移ってからは
日中は基本的に英語のみです。

チベット人として、
恥ずかしくない教養を身に着けて欲しいと
毎日、夕食後、
お経の後に、30分間チベット語の勉強をします。
IMG_3849.jpg
べニア板を黒板代わりに勉強中。
チミは将来はお坊さんになりたいので
チベット語は必須です。

IMG_3848.jpg
勉強が良くできるカンド。
静かな努力家です。

IMG_3850.jpg
一番新しく入居したデチェンも
今では、チベット語が読めるまでになりました!
子どもの学習能力の高さには
本当に驚かされます。

知識や教養は、人生を深め、豊かにし
可能性を広げてくれます。
それぞれが、自分の能力を
高めて行ってくれると嬉しいです。

国の未来は、人材の質と
意識の高さにかかっていると思うのです。

そのために、
人格も教養も健康な体も兼ね備えたチベット人に
子ども達が成長して行けるよう
どのような努力も惜しまずに
環境を整えたいと思います。

ダライ・ラマ14世のご誕生の記念日に寄せて
改めてTCPスタッフも
運営の決意を再確認するのでした。

猊下のご長寿を、心より祈念いたします。

チベット医学講座


日本から「伝統漢方研究会」のメンバーの方々がお見えになり
アムチの「チベット医学講座」を受講されました。

「伝統漢方研究会」のメンバーは
伝統的な日本漢方を残す事を目的に活動されている
国際中医師などのお医者さん、薬剤師さん、鍼灸師さんなどです。
つまり、その道のプロの方ばかり。

以前、メンバーの方が視察に見えて
アムチと医薬の話で、意気投合。
今回の講習会となりました。

IMG_3781.jpg
講習会に向けて、資料を作るアムチ。

チベット医学タンカの中から
「健康の木」「診断の木」「薬の処方の木」を
大きな紙に書き写し
チベット名と日本語名を書き込みました。

チベット医学タンカは、
「四部医典(ギュウー・シ)」の内容に基づいて描かれています。
8世紀に、ユトク・ニンマ・ユンテングンポによって
編纂されたと言われている四部医典は、
チベット医学の基本となる書です。

四編からなるので「四部医典」と呼ばれています。
四部医典はとても難解だったので、
分かりやすくするために
1688年に、タンカ形式でも表わされるようになったそうです。

IMG_3787.jpg
なかなか大変な作業です…。
サポーターのHさんも、懸命にお手伝いくださっています。

20名を超える聴講者を前に
チベット医学の基礎について講義をさせて頂きました。

講義中は通訳に忙しくて
すっかり写真を撮るのを忘れてしまっていました…。

深遠なチベット医学の知恵とエッセンスが
広く世の役に立つようにと願って
地道に活動して行きたいと思っています。

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |