カルマとノルゲ


最近入居した小さな小さな子ども達。
カルマとノルゲ。
070531.jpg
現在は幼稚園に通っています。
生活にもすっかり慣れた様子。

クンデ・ハウスのみんなの前で
歌を披露してくれました。
2人で歌う

カルマが推定3歳
ノルゲが推定4歳との事ですが…
かなり体格には違いがあります。
カルマ1
こうして見るとカルマは本当にまだまだ小さいですね…。

カルマ2
よく食べます。

ノルゲもまだまだ小さいのですが
カルマといるとお兄さんに見えます。
落ち着いた態度も、兄の風格。
ノルゲ1

でもご飯やおやつを食べる感じは
まだまだ子ども。
ノルゲ2

小さな二人は
クンデ・ハウスの先輩たちが
あれこれと世話をしてくれます。
カルマ3
子ども達は、自分の経験を重ねあわせているのか
新しいメンバーにはいつも親切に、
そして親身にお世話をしてくれるので
スタッフはとても助かります。
スポンサーサイト

ダワの仕事


最年長のダワは今年の春
中学を卒業し、ネパールで職を得ました。

日本人の方が責任者をされているフェルト工場に勤務しています。
仕事場が遠いので、通勤が大変そうですが
そんな事も気にならないくらい、仕事は楽しい様子。

205455_20180612100420e46.jpg

職場での作業の他、家に持ち帰っての内職は
別途、出来高で工賃が頂けるので
ダワはほぼ毎日、家でも作業しています。

他の子達も、ダワの作業に興味深々。

外での仕事に加えて、TCPでの雑用なども担当してくれています。
今後もしばらくクンデ・ハウスで一緒に暮らして行く予定です。

しばらく…と言いつつ、やっぱり女の子の一人暮らしは
ネパールでは現実的ではないと考えています。
スタッフを始め、子ども達にとっても
お姉さんが家を出るなんて事は想像もできないので
必要なタイミングが来るまでは
一緒に暮らしていけたらと考えています。

試験週間


日曜日から学校の試験が始まっています。
家で試験勉強中の子ども達。

213025.jpg

英語で結構難しい内容を勉強していて驚きます。
クンデ・ハウスに来た頃は
教育も受けていなかったし、もちろん文字の読み書きは出来ませんでした。

クンデ・ハウスに入居以前は
紙と鉛筆やペンも使った事が無い様子で…。

それが10年すると、チベット語はもちろん
英語、ネパール語、日本語を読み書きするようになるのですから
本当にその進歩に驚きです。

213030.jpg

そしてこうして長らく子ども達を支えて下さる
サポーターの皆様に、感謝でいっぱいです。

いつもご支援くださり、本当にありがとうございます。

種ダンゴ


UPし忘れた写真があったので上げておきますね。
5月の作業風景、
開墾した庭への種まきの準備の様子です。
種を水で柔らかくした土包んで、お団子にしています。

received_2022982231255771.jpg

和気あいあいとした作業風景です。

received_2022982097922451.jpg

このお団子を土の上に置いて行きます。
たくさんの恵みが収穫できます様に。

番犬モモ


仔犬の成長って早いですね…。

最初にモモをご紹介したのは
今年の1月のブログでしたが
今はこんなに大きくなっています。

082350.jpg

イチ、リュウとは違って
かなり気性が荒いモモ。
番犬向きな性格だと思います。

その性格のせいか、色々と噛み癖があって
まだ完全に放し飼いには出来ないでいます。

お香作り


子ども達が、アムチを手伝ってお香作りをしています。

134647.jpg

とは言っても、実際はもう
全ての手順が、アムチが居なくても
出来るぐらいに熟達しているので
子ども達だけでどんどん作業を進める事が出来ます。

135525.jpg

練りたてのお香は柔らかくて
絞り出し機にかけたお香を
こうして1本づつ丁寧に並べて乾燥させます。

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |