巡礼遠足


3月の開校式記念の巡礼遠足に続いて
今回は2度目となる「夏の巡礼遠足」を行ないました。

行き先は、パルピン。
カトマンドゥから南へおよそ17km
山奥深くにあるチベットの聖地を訪ねます。

この場所は、チベット人の絶大な尊敬を集める
パドマサンバヴァ(チベットではグル・リンポチェと呼ばれることも多いです)が、
かつて修行した行場として有名です。

パドマサンバヴァは、チベット密教の祖と言われ
チベット密教4大宗派のひとつ、ニンマ派の開祖です。
チベット人にとって非常に重要で聖なる場所パルピンは、
たくさんのチベット僧院や行場があり、
いつもTCPがお世話になっているケチャ尼僧院の行場として
今も瞑想に明け暮れ修行する尼僧さんたちが
36名ほど常住されています。


今回は、前日の夜に
子ども達に遠足に行くことを伝えたので
もーーーー大変!!

みんな布団に入ってからも、興奮してしゃべり続けています。
女子チームは
「明日、何を着ていく?」と話し合っています。
何を着るのか迷うほど、洋服はないんですが(笑)。

3:00AM。
嬉しくて、テンションが上がりすぎた子ども達、起床。
まだ空は、真っ暗です。

5:00AM。
ダワ・ドルマが自分で作詞作曲した
「今日は遠足、嬉しいな♪」の歌を
ベランダから外に向って、大声で独唱。

あれやこれやと準備を整え
7:00AM、いよいよ出発です。


バスにて、いざ出発。
バスに乗る
TCP犬「ニマ」の子ども、「チビニマ」もお見送りに来ています。

人生3度目のバス。今回は余裕の笑顔。
バスの中

バスは1時間足らずで、パルピンへ。
パドマサンバヴァが瞑想したとされる洞窟を目指して
山道を登ります。

途中のお寺でお参り。
お寺へ

礼拝の作法も、板についてきた子ども達。
お参り

お寺の内部は、たくさんの仏像が。
お寺内部


ここ数日、ネパールはずっと雨続き。
時折、小雨に見舞われながら洞窟を目指します。

途中、道をそれて巨岩の割れ目を登って行きます。
岩の割れ目

その先にあったのは、ツァツァのお供え場。
ツァツァ
ツァツァとは、泥や灰などを型に入れて固めて作る仏像のことです。
たくさんお供えしてあります。


さらに山道を登って、やっと洞窟へと到着。
この大きな岩のなかで、
パドマサンバヴァが瞑想したと伝えられています。
洞窟全景

洞窟の中は、こんな感じ。
洞窟の中では
非常に狭いのです。

ここでも、お灯明をお供えしてお祈りします。
洞窟の中

洞窟の中に入った、アムチとアパー。
仏教話に花が咲き、なかなか出てきません。
ついには、瞑想まで始めてしまいました。



待ちくたびれて、おやつタイム。
おやつ1

「アムチ、出てこないねー。」
おやつ2

洞窟には、パドマサンバヴァのレリーフ。
レリーフ

20分後、やっと出てきたアムチとアパーを加えて
山を降りました。

このあと、ケチャ尼僧院へと向います。
→巡礼遠足2へと続きます。

スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tcpnp.blog9.fc2.com/tb.php/104-909ef369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)