アチャイシ、美容学校へ


クンデ・ハウス専属スタッフのアチャ・イシは
まだ若く、とても頭が切れる人材です。

優秀なため、色々と引き抜きの話があります。
「いつまでもそんな(冴えない)ところで働いていないで
 もっとまともな仕事に就きなさい!」と色々な人に、意見されているようです。

そんな(冴えない)ところ…と言われてしまうのは淋しいですが
事実、アチャ・イシ本来の能力からしたら
やはり現在のTCPの仕事は、単調なのだと思います。

これまでも、どんな苦境の時にも
親身になって力を発揮してくれたアチャ・イシです。
もし彼女にとってより良い未来があるのなら
TCPとしては損失だとしても、彼女自身の人生の充実のために
アチャ・イシを送り出したいと思っていいます。

そう思って、
若いアチャ・イシがたくさんの可能性を手にできるように
これまでも、語学学校に通う費用を出したりしてきました。

今回、本人の学びたい意欲をさらに満たすために
アチャ・イシが興味を持ち、
ネパールで需要が増えてきた美容関連の学校に
仕事の合間に、通う事になりました。

20141117_191557.jpg
今日は、糸を使った脱毛の方法を習ってきたそうです。
早速、ダワで練習しています。

20141117_191616.jpg
女子チーム、興味津々。

綺麗になりたいという基本的な願望は
民族にも、国や個人の経済状態にも関係なく
女性に共通のもののように感じます。
ネパールでも、決して豊かでない暮らしの中で
女性がちょこっとビューティーパーラーに通う姿を、よく目にします。
そういう意味で、美容関連の事業は
需要のなくならない職業だと思います。

まずは今回の学校で
アチャ・イシが自分に何が出来るのかを
明確に把握して、自信をつけ、
人生を仕事と共に、ステップアップさせて行って欲しいと思っています。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する