SAARC首脳会議


SAARC首脳会議(26・27日)開催に伴い
先週は月曜から土曜まで、1週間学校がお休みでした。

SAARCとは…
南アジア地域協力連合(South Asia Association for Regional Cooperation)、
この略称が、SAARCです。

インド共和国
パキスタン・イスラム共和国
バングラデシュ人民共和国
スリランカ民主社会主義共和国
ネパール連邦民主共和国
ブータン王国
モルディブ共和国
アフガニスタン・イスラム共和国

上記、8ヵ国が加盟しています。
SAARC本部は(意外にも?)、ネパールのカトマンズにあります。
そして実は日本も、この組織のオブザーバーです。

Wikipediaによると、SAARCとは
「南アジアの福祉増進と生活水準向上を図り
 経済的成長社会進歩、文化発展を進めるため
 1985年に創設された地域協力組織」だそう。

でも実際、上記の詳細を知るネパール人は少なくて
「何だか、偉い人がいっぱい来るから大変らしい」と言う認識で
先週1週間は、てんやわんやなカトマンズでした。

11月24日(月)~28日(金)までの間は
カトマンズ市内の主な道路は交通規制が敷かれ
VIPの通行に伴い、頻繁に通行止めが行われ
学校は休みになり、ビジネスマンの方々も大いに影響を受け
食料品、日用品の商店以外は、大方、閉まっていたようです。

街は、どこも警官だらけで
ボダナートやスワヤンブナートでは、
コルラ禁止令が金曜日まで出されました。

長距離バスの乗り場が、移動したり
25日(月)及び27日(水)は、午前9時~午後5時まで、
国内線の飛行機は、全線飛行停止の措置が取られたりと
なかなか非常事態なカトマンズでした。

1週間も学校がお休みで
暇を持て余した子ども達は
アムチの診療所へ、お香づくりのお手伝いに出掛けました。

20141127_111614.jpg
原料を練り合わせる、タチェン。

20141127_111631.jpg
押し出し形成したお香の原料を
乾燥台に、真っ直ぐに手で並べて行く作業中の女子チーム。

とりあえず、学校が再開されて
ほっと一息です。

SAARC首脳会議期間中、特に何事も、
物騒な出来事は無かった様で良かったです。

でもかと言って、何らか
南アジアの福祉増進と生活水準が劇的に向上する様な、
議決もされなかったみたいです。
何の情報も、一般市民には聞こえてこないので…。

それぞれの国ごとに思惑があり
何か大きな成果を期待するのは、難しいかもしれませんが
同じ南アジアの土地を祖国とする者同士
連帯する空気が出来ると良いな、と願っています。
もしそういう空気があったなら、どんな非常事態でも、
争いが起こって、難民が生まれるようなことはないと思うのです。

祖国を背負って、公の会議に参加する事が出来るのは
当たり前のようでいて、独立した国にしか成し得ない事です。
その当たり前の素晴らしさを知るのは、それを失った時です。

いろいろ規制があって大変な1週間でしたが
今年のホスト国ネパールに間借りしている身としては
8つもの国が一堂に会する機会が
無事に終わって良かったなと思っています。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

初めまして

先週の交通規制の時は大変でしたね。
道を歩いていたら止められて、歩くな見てろと言われたり。
歓迎ムードを出すのに必死だったんでしょうか。
僕もネパールに住む身として、教育ボランティアに興味があります。
こちらのブログは励みになっています。
また時々読みに来させてください。

Re: 初めまして

ネパールてすかーらんさん、コメントありがとうございます!

いや~、なかなかSAARC首脳会議期間中は、大変でしたね。
無事に終わって何よりです。

ブログが励みになっているとのこと嬉しいです!

これから寒さが増すネパール、
空気の乾燥も一段と激しくなって
風邪が流行る季節です。
ネパールてすかーらんさん、どうぞお身体ご自愛頂き
ご活躍ください!!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する