3月10日 


3月10日はチベット人にとって
決して忘れる事の出来ない日です。
1959年3月10日に、「ラサ蜂起」が起こりました。

武力で他国を制圧しようという、誤った欲の犠牲となった多くのチベット人と
その欲に翻弄され巻き込まれてしまった中国人の犠牲に対して
心から、その魂が安らかであるようにと祈ります。

長く続く困難な時代を、慈悲の心を持って歩んできた
チベットの先人たちに敬意を表します。

次の時代を担う若い人たちに
本当に価値ある物は何かを
しっかりと受け継いでゆかねばならないと
決意を新たにする、そんな3月10日です。

この日を、TCPは設立の日として
運営を開始したのが、2009年。
早いもので、6年が過ぎました。

イチゴ美味しい~
振り返ってみると
6年前、クンデ・ハウスの子ども達は
本当にまだ小さかったです。

食事の祈り
チベットからやって来て間もないこの頃は
誰もが野菜嫌いで
(標高が高いため、特に西チベットでは野菜はぜいたく品)
どうやって食べさせるか、その事にひと苦労だったのも
今となっては、懐かしいです。

この6年、子ども達は大きくなりました。
読み書きする事の意味すら分からずにいたのに
今では、チベット語、ネパール語、英語、日本語を
読み書きできるようになりました。
たくさんの知識に触れて、未来が広がりました。
自分個人の未来だけでなく
チベットの未来も、明るく押し広げて行って欲しいと思います。

チベット予防医学室では
たくさんの経済的に恵まれない患者さんの
無料診療を行う事が出来ました。
現在では、日本やメキシコをはじめ
外国から診療に見える方もおられます。

色々な事件もありましたが
今日まで運営を続けてこられたのは
サポーターの皆様の、暖かいご支援のお蔭です。
心より御礼を申し上げます。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する