全員無事


本日、4月25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、
ネパール中部を震源とする
マグニチュード(M)7.9の強い地震が発生しました。

つい先ほど、現地スタッフ加藤と連絡が取れ
全員の無事を確認しております。

多くの皆様に安否のお問い合わせを頂きながら
個別にご返答できずにおりました事を
お詫び申し上げます。

報じられる限り、非常に甚大な被害が発生しております。
特にカトマンズの中心部では、被害がひどい様です。

クンデ・ハウスのある地区は、郊外で
周辺の塀は、多くが崩れてしまったとの事ですが
ご近所で、建物自体が倒壊している様子はないとの事です。
但し、多くの建物で窓ガラスが割れているとの事です。
クンデ・ハウスは古いながらも堅牢な建物であったため
窓ガラスが割れる事もなく、建物は無事でした。
被害としては、食器棚の扉が開いて
ガラス製品が割れる程度であったとの報告です。

加藤によると、地鳴りに続いて突き上げるような強い揺れがあり
逃げることが出来ない状態だったそうです。
余震も断続的に続いており、多くの人が屋外に避難しているとの事です。
余震も、突然強い揺れが襲うため
クンデ・ハウスも本日は、屋外で夜明かしする体制を整えている様です。

ご心配を頂き、ありがとうございます。
TCPに関しては、大きなダメージはありませんでしたが
ネパール、特にカトマンズでは深刻な被害が発生しているようです。

苦しみの中にある方々が、少しでも早く救助されるように
共に祈って頂きたいと思います。

今後、食料、エネルギーの確保が非常に困難になると思います。
また多くの建物で、給水タンクが壊れているので
飲料水の確保も急務ですが、余震がひどく動けない様子です。
地震に慣れていない為、パニックに陥っている人も多い様子で
治安も懸念されます。
これほど大きな地震に見舞われた後は、
今後の過程が非常に困難なものになると予想されます。
随時、現地の様子や、共有すべき情報があれば
ブログにUPして行きたいと思います。

スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無事でなによりです。

1月にアムチの診療所でお世話になりました本多です。
ご無事で何よりです。本当に心配でした。
その節は、時間が取れずクンデハウスを訪問できなかったので、再訪したいと思っていた矢先でした。
TVで前回宿泊していた宿の真裏のダルバール広場が倒壊しているのを見てショックでした。
世界遺産とて、人間には及ばぬ力で一瞬にして変えられてしまう恐ろしさを感じていました。
一人でも多くの方が救出さるますよう、一日でも早く安心出来る日が来ますようお祈りしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する