建物の被災度


ネパールでの建物の被災度チェックを終えて
本日夜、帰国しました。

結論から先にご報告させて頂きます。

クンデ・ハウスもクリニックも
今後、余震が来ることを想定しても
現段階で居住することに問題はありません。

予想していたレベルより
ずっと軽微な被害でした。

DSCN7194.jpg
クラックの周囲を、打音検査。
音の違いで、壁の中の状態を判断します。

DSCN7199.jpg
木枠と壁の取合いの部分は
どうしてもクラックが入ってしまいます。
これは仕方のない事なのですが
多分、専門知識がないと
「入り口が壊れる!」と思いがちな部分です。

DSCN7186.jpg
今後の余震を想定し、
対策を施しておくべきと判断した部分には
具体的な案を考えてきました。

DSCN7224.jpg
ひとまずこれで、安心して生活できます。
「OKです!」

DSCN7228.jpg
こちらも「OKで~す」。
石川が持ち込んだ、現場用のヘルメットを被るのが
子ども達の間で、ブームになりました。

DSCN7231.jpg
小さなデチェンも「OKです!」

DSCN7243.jpg
心配されたクリニックも
特に建築的には問題なく
今後も居住可能です。

DSCN7241.jpg
こちらも「OKです!」

クリニックの階段室には、
柱際に派手にクラックが入っているので
アムチは「もうこの建物はダメだ。壊れる」と思っていました。
確かに、表面のモルタルにクラックが入っていますが
構造体には影響していません。

割れた薬瓶は、既にアムチによって補充され
診察も可能な状態に復旧しました。

DSCN7246.jpg
建物に使用されているモルタルは
もともと水分が少なかった特徴が
破片を見ると分かります。

明日以後、建物に関しての詳細を
改めて、ご報告させて頂きます。

ひとまず、TCPの建物は居住可能です。
行って自分の目で確認して、やっと安心できました。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tcpnp.blog9.fc2.com/tb.php/1253-fe1c0c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)