物資不足な日々


連日、ネパールでの物資不足の状況をお伝えしておりますが
特に大きな変化はなく、さらにガス、ガソリンの不足は深刻さを増しています。

こんな時期にも関らす、サポーターのkmさんが
金曜日からクンデ・ハウスをご訪問下さっています。
チケットを手配された時には
「ベストシーズンのネパール旅行!」だったはずなのに
新憲法公布後の混乱で、「非常事態のネパール」です…。
会社の休暇を取得して来て下さるのに、
この様な状況で、本当に申し訳ない気持ちです。

「もしかしたら、レストランなんかも全部閉まるかもしれません。
 どうかご自身の非常食の準備もなさってお越しください」
と申し上げざるを得ない状態でも
チケットをキャンセルせず、そればかりか
「行く必然性というか業というか、そのようなものがあれば、無事訪問できるものだと思ってます」と
使命感を帯びて、色々な物資の運搬を引き受けて下さり
本当に感謝です。

そんなkmさんから、現地の様子を伝えるメールが
東京事務所の石川の所に送られて来ました。
内容を要約してお伝えすると…

訪問者も少なく、空港でのビザはすぐに取得できたそうです。
こんな時期なので、荷物は開封検査されるかと恐れましたが
日本人は税関での申請書も記入不要のフリーパスだった模様です。

空港からホテルまでは、業者が運営する
乗り合いのマイクロバスを利用し、移動されたのですが
ツーリストエリアのタメルでも、昼間は全然タクシーがいないそうです。

通常、タメルからクンデハウスまでは
タクシーで400Rpくらいなのですが
この日は1,500Rpと言われ
交渉して900Rpまで値段を下げて乗ったそうです。

クンデ・ハウスでは、やっぱり子ども達が痩せていて
㎞さんが持ち込んでいただいた滋養強壮のサプリメントを
飲ませて下さったそうです。
「 家族4人程度ならお金さえあればしのげますが、
 (TCPはスタッフを含め)20人程度いるので困難ですね」
とメールに書いてありました。

人数が多いだけに、食料もガスも消費量が多いクンデ・ハウス。
今のところ、ツァンパとインスタントラーメンで凌いでいます。
朝晩が寒くなってきたので、せめて夜だけでも
少し暖かいものを子ども達に食べさせたいと思っているのですが
それも段々と、叶わない状況になって来ています。

こちらは、ツェンパを食べる子ども達。
20151007_070726.jpg

さすがに連日、ツァンパだけでは飽きてしまうので
チベットの乾燥チーズ「チュラ」を入れたり
ミックスナッツ、チョコレート、黒蜜、ハチミツ、ピーナッツバターなどを入れて
なるべく味にバリエーションを持たせる工夫をしています。
20151007_070735.jpg
徐々に痩せてはきたけれど、子ども達の笑顔だけが救いです

かなり状況は、厳しそうです…。
来週の火曜日からはダサイン(収穫祭)が始まりますし
そうなると、政府の機関も学校も、
全部が2週間のお休みになります。
もしかすると、ダサインに突入すると、
ネパール政府のインドとの交渉も、その期間はお休みでしょうか?
そうだとしたら、本当に恐ろしいです…。

既に、ガソリン不足でスクールバスが運行できないため
先週から、私立学校の多くが休校になっていますが
そんな中でも、子ど達の通うバヌバクタスクールは
地震の授業の遅れをこれ以上増やさない様にと
頑張って、運営してくれています。
学校の閉鎖は、子ども達の精神に大きく不安をもたらすので
こうして最後まで開校して下さる努力に、感謝です。

こんな非常事態にもかかわらず
日本では全く報道されていないので
やっぱりネパールの国際的な注目度は、
とても低いのだと思うと、何だか淋しい気持ちになってしまいますが
早く状況が打破される事を願いながら
また一日を、無事に送りたいと思います。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する