大掃除


今のところ、子ども達の学校は
スクールバスが運行していて
毎日通学できています。

しかしながらいよいよ
ガソリンが底をついて来たのか、学校からは
「スクールバスの運行が出来なくなっても授業は行いますので
 その際には各自、徒歩通学をするように」とのお達しが出ています。

クンデ・ハウスから学校までは
片道、徒歩で約1時間半…。
足腰が鍛えられそうです。

普段だったら、あの交通量の道路を
子ども達だけで、徒歩で通学させるのは
安全面から言って無理だと思うのですが
今はガソリン不足で、車もほとんど走っていない為
そう言う意味では、徒歩通学が可能なのです。

いつから徒歩通学になるのでしょうか?
毎日、スクールバスが遠くに見えると
ホッとします。

クンデ・ハウスはギリギリ徒歩圏と言えますが
徒歩で片道2時間を超える様な地域の子ども達は
どうするのでしょうか?
案外みんな何食わぬ感じで
通学するのかも知れません。

こんな非常事態になっても
ひどく悲観した様子も、慌てた様子も見せないネパール人。
政府に対するあきらめが大きいので、多くの人々は、
この状況が劇的に改善されるなどという事を
期待していないのが実情です。


学校がお休みの土曜日は
みんなで、廊下と階段の大掃除をしました。
20151128_095119.jpg

子ども達総出で、午前中の4時間を掛けて
床をたわしでこすり、ピカピカに洗い上げました。
20151128_095106.jpg
身軽なチュズムが、軽々と窓枠に登って
ガラスも磨き上げてくれました。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する