感謝


どんな言葉で、1年の最後を締めくくるべきかと考えてているのですが
2015年に起こった事が次々に頭を巡ってしまい
感情が揺さぶられてしまいます。

今年も、たくさんの方々のご支援を頂き
TCPは全員が、無事に年を越すことが出来ます。
厳しかったこの1年を振り返ると
もうこれだけで、本当に胸がいっぱいになるほど
ありがたい事です。

ご支援を頂きました皆様に、
心より感謝を申し上げます。

本年4月25日に発生しました、ネパール大地震の際には
「ヒマラヤ眼科耳鼻科医療を支援する会」と協力し
被災地区へ急性期の支援活動を行いました。
flyer-1unuse_201512311847376a4.jpg

TCPのアムチとチベット人医師の有志による
山岳部の医療支援
4_20150520010531213.jpg

倒壊建物からの救出作業
3_20150602010711cf9.jpg

食料、水、日用品の配布
6_201506020107275da.jpg
この他にも、現地では9班のチームが、
様々な支援活動を行いました。

この活動に際して、皆様方から
6,055,217円ものご寄附をお寄せ頂きました。
改めまして、皆様方のご協力に、
心より、感謝を申し上げます。

緊急支援活動によって使わせて頂きましたご篤志は
6,049,254円(支出)です。
合計で、5,963円の黒字となりました。

この数字には、驚くべきエピソードがあるのですが
収支の発表をさせて頂いた際には
さすがにちょっとふざけているように思われるかと思って
お伝えすることが出来ませんでした。

先日、チベット研究においての第一人者
早稲田大学教授の石濱先生に
このエピソードをお伝えしたところ、
チベット絡みの活動には、こういう奇跡的なあるあるって起こるよね…という事で
ブログに掲載して頂いているので
このありがたい奇跡を、エントリーの少ない年末を良い事に
ご紹介したいと思います。

「白雪姫と七人の小坊主達」なまあたたかいフリチベ日記
2015年12月22日ブログ「Iさんからの年末便り」


2016年が、このブログをお尋ねくださる皆様にとって
豊かな1年となりますように。
チベットにとっても、世界にとっても
平安な年となりますように。

皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する