3月10日


3月10日は、チベットにとって非常に特別な日です。

1950年後半から始まった、中国軍のチベット占領は
仏教的な価値観のもと、精神的な豊かさを追求するチベット人たちの
伝統や文化や尊厳を、ことごとく損なってきました。

1959年3月10日、中国当局はダライ・ラマ法王をとある観劇に招待しました。
これまでにない大変に珍しいその招待は
「警備を同行させないこと」など
どうにも怪しい事ばかり。

これは観劇招待に見せかけた罠で、
法王を拉致するための策略だと感じたチベットの民衆は
ノルブリンカ宮の周りに一気に集結し、人垣を築き
物理的に中国軍が法王様に
近づくことが出来ないようにしたのでした。

その数は、数万人であたっととも
数十万人であったとも言われています。
(人数については諸説あります)

中国軍が民衆の制圧を行なえば
多くの人の命が奪われてしまうと憂慮された法王は
この時、亡命を決意され
その後、多くのチベット人も、インドやネパールに脱出したのでした。
その発端となった3月10日を「チベット蜂起の日」として
世界中のチベット人とその支援者は
この日にプロテストを行っています。

例年、この日
ネパール国内では、チベット人の移動が禁止されます。
バスなどの公共の交通機関には、チベット人は乗る事が出来ませんし
車も一台一台検問され、チベット人の移動を阻止するのです。

今日のネパールは、どんなことが起こっていたのでしょう?
まだこの時間になっても
ネパールからは報告が無いので、状況が分かり次第
おしらせさせて頂きます。

またこの日は、チベタン・チルドレンズ・プロジェクトの
創立記念日でもあります。
運営開始から7年が経ちました。
なんだかあっという間の7年でした。

亡命してきてクンデ・ハウスに入居した子ども達は
まだ本当に小さくて…
当時の写真を見ると、とても懐かしいです。
懐かし写真を貼っておきますね。

入居当日。
シャワーを浴びて、洋服に着替えたところ。
誰もが固くこわばっています。
到着

でも翌日には…
丸坊主
かなりリラックス。
ノミ、シラミだらけだったので
全員、丸坊主にしました。

こうして昔の写真と比べると
本当に子ども達、大きくなりました。
充実した教育の元、こうして成長出たのも
ご支援くださる皆様のお蔭です。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する