アチャ・イシの独立


TCP会員サポーターの皆様には、
2015年の運営報告書の中で
今後の方針としてお伝えしておりましたが
この度、クンデ・ハウスのスタッフとして
ずっとTCPを支えてくれていたアチャ・イシが
TCPを離れて、独立して事業を立ち上げる事になりました。

アチャ・イシの進路については、以前より
可能性に溢れた20 代の若さを生かし、
スキルを磨き、社会に出て自立できる事が重要だと考えて来ました。

もちろんTCPにとっては重要なスタッフではありますが
アチャイシの能力が、
クンデ・ハウスの仕事だけでは非常にもったいないと感じていて
若く体力のあるうちに、広い世の中に出て
色々な体験をして欲しいと思って
長い間、相談にも乗ってきました。

自分自身でビジネスパートナーを探し、資金を貯め
いよいよ独立して、インドで仕事を始める事になりました。
特に、昨年からのネパールの状況も考え合わせると
このタイミングでのチャレンジは、
アチャ・イシにとって最良の判断だと思います。
20160429_192621.jpg
4月末日で退職するアチャ・イシの壮行会。
子ども達一人一人が、それぞれアチャ・イシに
感謝の言葉を述べました。

3年半の間、どんな時にも
子ども達を守り、TCPを助けてくれました。
アチャ・イシへの感謝の気持ちは尽きません。

子ども達もアチャイシも、目にはいっぱいの涙…
でも新しい旅立ちなので、明るい気持ちで見送りました。

20160430_144325.jpg
最後まで別れが惜しくて
旅立ちの直前まで、こんな様子。

社会人としてクンデ・ハウスの子ども達のお見本となれるよう
立派に自立して、必ず幸せになって欲しいです。
その未来がたくさんの幸福で満たされるようにと、心から願っています。

アチャ・イシ、長い間本当にありがとう!!
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する