洗い物当番のデチェン


クンデ・ハウスでは、2週間ごとに
分担制のお仕事当番の受け持ちが変わります。

今週から洗い物当番のデチェン。
外の水道で、みんなのお弁当箱を洗っています。
20160515_180831.jpg
写真を撮る時だけでなく、いつも目が合うと
うふふ…とはにかんだような表情をします。

春休みには、里親さんが息子さんとご一緒に
デチェンを訪ねてきて下さいました。
息子さんは3人兄弟ですが、妹はいらっしゃらないので
デチェンを年の離れた妹として、とても可愛がって下さいました。

不思議な事に、実はデチェンは
里親さんに顔立ちがとてもよく似ています。
ご本人も「私の子どもの頃にそっくり!!」と以前からおっしゃっています。
一緒に写真に納まると、親子と言っても疑われないばかりか
「お母さん似ですね」と言われそうなレベルです。

デチェンは里親さんから頂いたお手紙を
大切なものを入れる箱から出してきては
読み返しています。

デチェンだけでなく、子ども達は
みんな里親さんが大好きです。
あまりに気持ちが大きくなり過ぎて
里親さんに会った途端、硬直して動けなくなったり、泣いてしまう子もいます。
直感的につながってゆくご縁の不思議さと深さを
目の当たりにする瞬間です。

里親さん達がみんな、子ども達を大事に思って下さって
本当に感謝しています。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する