ネパール首相の辞任


24日、ネパールのカドガ・プラサード・シャルマ・オリ首相が
辞意を表明しました。

首相に反発したネパール共産党毛沢東主義派(毛派)が
連立与党から離脱、
首相の不信任案を提出し、不信任の採決が行われる事になったため
それに先立って、辞任を表明したとの事。

首相の就任は昨年の10月ですから
1年にも満たないでまた、首相が変わってしまうのですね…。

ちなみに、野党から離脱したネパール共産党毛沢東主義派は
野党最大勢力のネパール国民会議派と、連立する動きなのだそう。
それによって次の首相には、
毛派の議長であるプラチャンダ(プシュパ・カマル・ダハル)が
選ばれるとの話です。

プラチャンダ氏は、第56代の首相。
この時は、9か月足らずで退任してしまいました。

最近は、コネを活用しないと難しいものの
ガスも何とか買える様になってきて
やっと生活が安定しつつある状況だったのに
ネパールの今後は、またも混迷の度合いを深めていく様子で
なんだかな…とため息が出てしまいます。


ま、そうは言っても
クンデ・ハウスは通常営業。
MS3.jpg

今日も元気に
「いただきま~す!」

MS2.jpg

先の事をあまり案じても仕方がないので
とりあえず腹ごしらえ。

MS1.jpg
あれ?
大食いのアムチが、何故だか普通盛を食べてますね。
お代わりするのかな?

スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する