3月10日


3月10日はチベット人にとって
決して忘れる事の出来ない特別な日です。
1959年の今日、「ラサ蜂起」が起こりました。

「ラサ蜂起」とは…
1950年後半から始まった、中国軍のチベット占領は
仏教的な価値観のもと、精神的な豊かさを追求するチベット人たちの
伝統や文化や尊厳を、ことごとく損なってきました。

1959年3月10日、
中国当局はダライ・ラマ法王をとある観劇に招待しました。
これまでにない、このような当局からの招待だけでも怪しいのに
「警備を同行させないこと」など、その内容はどうにも疑わしい事ばかり。

これは観劇招待に見せかけた罠で、
法王を拉致するための策略だと感じたチベットの民衆は
ノルブリンカ宮の周りに一気に集結し、人垣を築き
物理的に中国軍が法王様に
近づくことが出来ないようにしたのでした。

その数は、数万人であたっととも
数十万人であったとも言われています。
(人数については諸説あります)

中国軍が民衆の制圧を行なえば
多くの人の命が奪われてしまうと憂慮された法王は
この時、亡命を決意され
その後、多くのチベット人も、インドやネパールに脱出したのでした。
その発端となった3月10日を「チベット蜂起の日」として
世界中のチベット人とその支援者は
この日にプロテストを行っています。


あの時から長く続く非常に困難な時代を、
慈悲の心を持って歩んできた
チベットの先人たちに敬意を表します。

武力で他国を制圧しようという、
誤った欲の犠牲となった多くのチベット人と
その欲に翻弄され巻き込まれてしまった中国人の犠牲に対して
心から、その魂が安らかであるようにと祈ります。

次の時代を担う若い世代の人たちに
本当に価値ある物は何かと言う事を
しっかりと受け継いでいかねばならない責任を
改めて感じる、3月10日です。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する