新しい仲間


この度、クンデ・ハウスに
新しいメンバーを迎えることになりました。

ラクパ・センゲ 5歳です。
ラクパ・センゲ

両親と兄弟で暮らしていた村が、
ネパール大震災でほぼ全壊の状態となり
その際に家族を全て亡くしました。

震災以後は孤児として、寄宿学校(かそれに似た施設)に預けらましたが
いずれも長期でなく、数回にわたって様々な施設を転々と移動させられた後
最終的にアムチの友人の僧侶を通して、TCPへの引き受け要請がありました。

震災後、これまで転々として来た各施設での引き受けは
外国からの寄付などで賄われていたと推察されるのですが
この春でそれらの資金が尽きて、同じ境遇の子ども達が
一斉に行き場を失っている様子です。

クンデ・ハウスにも6名の孤児の引き受け要請がありましたが
小さな組織ですので、養育の人数にも限界があり
身元調査と数回の面接の後
緊急性が高いと判断した男児1名を
新しくクンデ・ハウスに迎える事になりました。

震災の復興の道のりはまだまだ遠く
時間の経過とともに
保護者を失った子ども達の境遇も悪化しています。
そんな子ども達を見る度に
「何とかできないか…」と思って心が痛みます。

クンデ・ハウスの児童の受け入れは
その子の人生を丸ごと引き受ける大きな決断です。
また一つ大切な命を養育する責任感に
身の引き締まる思いです。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する