ティハール


秋のネパールは大きな祝祭続き。
インドラジャトラから始まって
ダサイン、そしてティハール。

5日間にわたって様々な儀式の行なわれるティハールは
毎年西暦で言うと、10月~11月の新月に当たります。
5日間の中日は、吉祥の女神ラクシュミを讃える祈りが捧げられ
この日の夜、人々は女神を招き入れる為
玄関などの入り口を美しく飾り
たくさんのオイルランプやロウソクを灯します。

家々に灯された素敵な光に誘われて
子ども達と夜のお散歩に出掛けました。

近くのヒンドゥー寺院にみんなでお参り。
192103.jpg

その後、家に戻り
クンデ・ハウスでもロウソクを灯して
女神さまに敬意を表す事にしました。
200024.jpg

テラスの手すりに、ロウソクを灯しました。
200121.jpg
昔はオイルランプのみだったのが
最近では、写真の奥に写っているような
派手な電飾を準備する家もあります。

澄んだ空気に美しい光が冴える
秋のネパールです。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する