バンコクでのチベット展


早いもので、もう4月に入ってから1週間が過ぎたのですね…
まだまだ3月のネパール現地の報告を終えていない石川です。
すみません、頑張りますっ!

本日のブログは、ネパール渡航の途中、
トランジットで立ち寄ったバンコクの話題を少し
書きたいと思います。

石川がバンコク入りした3月5日、
バンコクでは下記のような素敵な催しが
バンコク芸術文化センターで
華々しく開催されました。

"From the Himalayas to the Chao Phya River"
「ヒマラヤから、チャオプラヤー川へ」



チャオプラヤー川とは、バンコクを流れる大きな川の名前です。
「ヒマヤラ」というキーワードで、鋭い方は何かをお感じかもしれませんが
何とコレ、チベットのさまざまな文化を紹介するイベントなのです。


じゃーん!堂々、巨大な看板。
DSCN1820.jpg
TIPAも公演に来ているんです!

バンコク芸術文化センター入り口。
DSCN1821.jpg
新しくて綺麗な建物です。

エントランスの前庭には、もじもじ君:白バージョン?の
巨大なオブジェ。
DSCN1819.jpg
その左奥に、見覚えのあるモニュメントが…。


2010年3月5~10日まで開催されたこのイベント
2日目には、ダライ・ラマ猊下の妹さんのジェツン・ペマさんによる
講演会が予定されていました。
しかし、直前になってタイ政府はペマさんの入国を拒否しました。

タイの外務省によれば、拒否の理由は
「国際的な政治問題に巻き込まれるのを避けるため」
だそうです。

人口の94%が仏教徒 (外務省のHPより)のタイ。
政治問題に巻き込まれることなど恐れずに
強制的に思想や行動を統制する国に意見して
仏教徒の篤い魂を見せつけてやってくれ!!
仏教の真価を、同じ仏教徒として見せつけてやれ!!
(↑ここ、熱くてスミマセン。)
と思ったのですが、ペマさんの講演会は中止のまま
イベントは開催されました。

しかし、かえってこのことがニュースになったお陰で
前宣伝の手ぬるかったこのイベントが、海外にも知れ渡り
石川もこの展示の存在を知ったのでした。


バンコク芸術文化センターは
街の中心部のショッピングセンターエリアにあります。
とても便利な立地です。

石川と旦那も、子ども達の通学靴と靴下を調達した帰りに
立ち寄ってみました。

そんなに大した展示でもなかろう…
と、軽い気持ちで入ってみると


いやー、もうコレがすごかった!
DSCN1826.jpg
砂曼荼羅を製作していたり…

こちらでは、トルマを作っています。
DSCN1824.jpg

こんなに充実した展示、日本でも今までなかったと思います。
非常によくまとまっていて、かつ
そのほとんどのブースで、実演が行われているのです。
DSCN1825.jpg
解説ボードがタイ語のみなのが残念です。

メインエントランスでの砂曼荼羅製作風景。
DSCN1822.jpg

チベット医学の部屋では
ヒマラヤの薬草から作られた薬や、
「樹木比喩図」を初めとする数々のタンカの展示と解説。
DSCN1831.jpg

こちらはアムチの製作した、丸薬の薬棚。
DSCN1832.jpg

そして何よりも驚いたのは
何と、ダラムサラから2名のアムチが来場し
通訳つきで診察を行っていることです!
さすがに診察風景は、写真を控えました。
薬も処方しているようでした。
日本では、医師免許やら、薬事法に引っかかって
絶対にできないアムチの診察ですが
タイは規制がゆるいんでしょうか…。



別の部屋では、タンカ絵師によるタンカの製作が見られます。
DSCN1830.jpg

別のエリアでは、タンカ絵師による
子ども達への「1日タンカ教室」が行われていました。
DSCN1827.jpg

ご尊顔の基礎を学んでいる様です。
DSCN1829.jpg

プロポーションの決め方を細かく指導中。
DSCN1828.jpg



その他にも、非常に内容が充実した写真展示もありました。
ダライ・ラマ法王が転生者として発見された時のお写真
1954年の北京訪問の折の周恩来とのお写真
亡命し、国境を越えてインド軍に迎え入れられた瞬間のお写真
亡命後の世界の要人とのお写真、などなど
時系列で、そのあゆみが見られる優れた内容でした。

夜には、TIPAの公演もありました。


買い物のついでに寄った割には
あまりに内容が充実していたため
じっくりと見学しました。

「このまま、この展示を日本に持ってきて欲しい!」
旦那と、そう話しました。

誰か潤沢な資金をお持ちのかた
是非、スポンサーになってこの展示を日本でも開催して
得を積んでください。
お願いします!


いつまでリンクが続くか保障できませんが
↓本日現在、まだ展示のご案内が見られます。
「From the Himalayas to the Chao Phya River」

スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

昨年の衆院選では我々国民はテレビ・新聞に騙され、民主党に政権を渡してしまいました。このまま民主党が政権を持てば、日本は中国にのっとられてしまい、チベット・東トルキスタンで起きたあの恐ろしい出来事(中国政府がチベット人を大量虐殺)が日本でも起きてしまいます。そんな悪夢をしてもよいのでしょうか。参院選・衆院選では民主党に勝たせてはなりません。

テレビの洗脳を知る動画 【入門編】 Aパート1~3
www.youtube.com/watch?v=cREz62eEqEk
www.youtube.com/watch?v=imEXkH1K_tk&feature=related
www.youtube.com/watch?v=nCyPpHiXKio&feature=related

テレビの洗脳を知る動画【入門編】Bパート 1~3
www.youtube.com/watch?v=sDqrg_0sAn8&feature=related
www.youtube.com/watch?v=t1IlS9rWG4E&feature=related
www.youtube.com/watch?v=oLZForDCvxk&feature=related

日本国民を騙し続けた、日本の朝鮮メディア
www.youtube.com/watch?v=sgXFfrV0Fdk

政権交代詐欺の共犯者をあばいてみた
www.youtube.com/watch?v=H9-omdobTtk

マスコミが報道しない今でも続く中国によるチベットでの大量虐殺
http://humanzu.hp.infoseek.co.jp/genron/tibet.html


いのつ様、こんにちは。
TCPはトップにチベット僧を頂き、たくさんの亡命してこられたお坊さん方に関わっていただいているプロジェクトです。ご家族を本土に残しておられる方も、多数いらっしゃいます。このような理由から、TCPは政治的な活動は一切行わないという方針としております。

ですが、個人としてはいろいろと意見や思うところはあります。日本の未来に対しても、マスコミの偏向報道に関しても、強い危機感を持っています。TCPのブログという立場上、これ以上の個人の意見の書き込みは避けたいと思いますが、いのつさんのコメントを掲載したという事で、お察しいただければと思います。

これはすごい!!

これこそ「チベット展」ですよね。
レポートありがとうございます。

ジャム様、コメントありがとうございます。

とても充実した内容で、どうしてコレが日本でも開催されないのか…と残念でした。物販も関連図書など、非常に豊富な資料が揃っていて、見学者(もちろんほぼ100%タイ人)もとても熱心に見学されていました。是非、日本でも!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する