感激!アムチ


お腹の虫もいなくなり(汗)
元気を回復した石川です。
滞在中の現地報告を
どんどんUPさせて頂きます!



皆様にご協力をいただき
集めたチベット薬の原料たち。

募集を呼びかけたブログはこちら
2011年1月11日ブログ「ご協力をお願いいたします」

お陰さまで
・大型の巻貝
・カニの甲羅
・習字の墨
を、無事にアムチに届けることが出来ました。


喜びのアムチの表情をどうぞ!
貝
「ありがとう!」と日本語で話していました。

特にこの大型の貝は
嬉しくて、珍しくて、仕方がない様子で
何度も何度も、愛しげになでては
「すごいな~。」と言っていました。

本当にしつこいぐらい
何度も何度も、貝をなでまわすので
おかしかったです(笑)!!

ちなみに左側の貝は、石垣島から
右の貝は新島からお送りいただいたものです。
皆様、ありがとうございます!

特に右の貝は、貝の角(というか突起の部分)の形もはっきりしていて
全体の造形も美しく、
また表面の配色デザインとバランスが
抜きん出て素晴らしいものでした。

これは、お送りいただきましたUさん宅の
小学6年の次男さんが
昨年の夏に獲られたものだそうで
その夏一番大きかったので、
記念にと取って置かれたものなのです。

Uさんが、ネパールに届けたい旨をお話されると
「今年はもっと大きいのを獲るから、送っていいよ。」
と快くお返事くださったのだそうです。

次男さんの発想が素敵ですね。
今回お送りくださった貝殻を原料にした
薬を服用される皆さんの感謝が
ど~ん!と大きな貝となって、
今年の夏、次男さんの前に現れることでしょう!
ありがとうございました。

石垣島の貝も、とても立派なもので
(本当にずっしりとした重い貝殻でした)
こちらも長らくリビングに飾られていたそうですが
お役に立つならと、今回お送りくださったのでした。

それぞれ、大切に共に時間を過ごされてきたものを
お譲りいただき、感謝です。
ありがとうございました。


あまりに立派な貝を目の前にして、アムチ
「俺、これ薬にしないで、部屋に飾っちゃおうかな…。」
と小さな声でささやいておりましたので

「いかん!それは薬にするのならばと頂いたものなのだから
 薬になって、病気の方に役立つ使命を負っているのだ!」
と、きちんと話しておきました。

ちなみに貝殻は「神経の薬」になるのだそうです。



カニの甲羅にも大興奮!!
カニ
自分で頼んでおきながら、材料が珍しくて仕方のないアムチ。
何度も「おおー、すごいな~。」と感激しておりました。


「今度は、ここの中身もあってもいいぞ。」
カニ2
いや、それは無理です。
甲羅だけで勘弁してください。

にやけながら、材料を何度も撫で回すアムチ
本当に嬉しさが抑えきれない様子で
おかしかったです^^

カニの甲羅は「毒消し、腎臓の薬」になるのだそうです。


「おおー!これも欲しかったんだ!!」
墨
お寄せいただいた、墨をチェック。
ネパールでは手に入らないので
とても喜んでいました。

墨は「冷えを取る、飲み薬」になるのだそうです。


さて、渡すものも渡したし、
昨年の夏以来の再会なのだから
お茶を飲みながらゆっくり話でも…
と思っていた石川でしたが
材料を手に、大興奮のアムチは
サッサと材料をまとめて
「じゃあね!」と帰って行きました。

自宅で早速、薬の製作に取り掛かるんだそうです(笑)。


まあ、この真面目さと純真さが
アムチの魅力なんですが^^
もう、夜の9時半だし…


今回募集した材料は、
今後も欲しいとアムチからのリクエストがありました。

・大型の巻貝
・カニの甲羅
・習字の墨(固形・油煙墨)
・ひょうたんの種

上記のものを通年、募集いたします。
お手間で申し訳ありませんが
御気に留めておいて頂けましら
本当に助かります。

ちなみに、ひょうたんの種は
「下痢、冷と熱の病気に万能に効く。」のだそうです。


あまりのアムチの喜び様に
きっとよい薬が出来るだろうと確信しました。
薬を待ちわびていた方がいらっしゃるのだと思うと
材料をお届けできて、本当によかったと思いました。

惜しみなくご協力を頂きました多くの方々に
改めて御礼を申し上げます。




スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する