アムチを目指して


ヌモはよく、アムチに連れられて
チベット予防医学室に来ます。

何故かというと、
ヌモは将来、アムチになりたくて
「見習い」修行(?)のために
診察の様子を見学したり
お掃除したりしています。


ヌモ1
今日は、一生懸命
机の中の薬袋の整理です。


真面目なので、もうそれはそれは一生懸命。
ヌモ2
集中しています。

いつか本当に、ヌモがアムチになって
TCPの診療所を継いでくれたら
本当に嬉しいな…と思います。

その頃には大きく拡張した、チベット予防医学室が
外国人(この場合は、チベット人以外の意味です)の
治療の受け入れも、開始していることでしょう。

コミュニケーションが得意な子は
クンデ・ハウスで学んだ日本語を初め
英語やネパール語でも、患者さんの対応をしたり
勉強の好きな子は、大学で経営学を学んで
合理的なTCP運営を展開、発展させてくれたり…

「あはは!妄想は楽しいね♪」

お茶を飲みながら
20年後のTCPの躍進を妄想するのが
加藤と石川の夜の娯楽でした。
だって、電気がなくて暗いので
やることって、おしゃべりぐらいだったのです!


「勝手な希望を押し付けるのはいけないけど
 みんなが希望する職業に就けたらいいね~。」


20年後のTCP、とても楽しみです。





スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する