クンデ・ハウスの子供たち


現在、クンデ・ハウスでお預かりしている11人の子供達は
みんな西チベット出身です。

西チベットがどんなところか、ご紹介すると
P1010003.jpg
こんな感じです。
(↑すみません、ずいぶん大雑把です。)

大体平均して、標高は4000m以上の地域です。
非常に乾燥しています。
標高が高いため、紫外線もきついです。
(紫外線は標高が1000m高くなるにつき、10%UPするそうです)
旅行をしていても、確かに日焼けする速度が、非常に速いです。

こちらはヤク。
P1010183.jpg
体は大きいですが、とてもおとなしいです。
この写真も、やっとここまで近づいて撮れた貴重な一枚。
用心深いので、人が近づくと
すぐに視線をそらしてゆっくりと逃げて行くのです。

そして西チベットといえば
P1010156.jpg
カン・リンポチェ(聖カイラス山)。

サカダワの時期には、多くの巡礼者で賑わいます。
(今年のサカダワは6月7日になる模様。)
P1010041.jpg
五体投地で巡礼するチベット人。

カン・リンポチェの巡礼路は、一周53km。
標高は約4,300~5,600mです。
チベタンが一生に一度、訪れたいと願って止まない
チベット仏教最大の聖地です。

昨年(2008年)のサカダワの時期は
チベットは外国人の滞在、入域が禁止されていました。
今年はどうなるのでしょうか。

子供達が成人するころ
みんなでカン・リンポチェを巡礼できることを希望しています。

スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tcpnp.blog9.fc2.com/tb.php/45-aa647d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)