ネパール停電事情


ネパールの停電は、5月現在
1日16時間です。

つまり電気が来るのは、8時間。
でも、この「8時間」と言うのが曲者で
必ずしも、電気を使いたい時間帯に
電気が来るというワケではないのです。

ご参考までに…
これが、今年3月のカトマンドゥのタメル地区の停電時間割。
電気時間割

月曜日の通電時間は「0:00~4:00」と「12:00~16:00」。
夜中の12時から4時間の通電なんて、実質使い物になりません…。


なぜこんなに停電が多いのかと言うと、理由は2つ。

1つは、水不足。
水不足で、ダムの発電機が動かないのです。

もう1つは、電力の国外販売。
少ない水で、やっと発電した僅かな電力を
インドに売っているのです。

電気のない夜は、町中が本当に真っ暗です。
TCPは夜間の子供たちの安全のため
ソーラーパネルを購入しました。
DSCN0025.jpg
カエルの背中に乗っているのが、ソーラーパネルです。
(残念ながら)中国製。
コスト面から、選択の余地がこれしかなかったのです。

このパネルで、ワット数の低い電球数個が
夜の間も灯せます。

スイッチ一つでいつでも電気が使えるなんて
本当に有難い日本です。
スポンサーサイト

| チベタン・チルドレンズ・プロジェクト - スタッフブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tcpnp.blog9.fc2.com/tb.php/49-eeaf665a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)